【メロン熊】北海道へ行くならやっぱり7月から9月がいいかも〜AIR DOのトク旅北海道キャンペーン2015

シェアする

AIR DOが『トク旅北海道キャンペーン2015』を実施しています。

北海道以外に在住する方が会員登録した上で、期間中にAIR DOの北海道着便を利用すると抽選でプレゼントをもらえるというものです。


スポンサーリンク

AIR DOの『トク旅北海道キャンペーン2015』

airdo campaign

期間は4月24日から12月24日

キャンペーンは第1弾から第3弾までの3回に分かれていて、それぞれの期間は次のようになっています。

【第1弾】
対象搭乗期間:4月24日〜6月30日
エントリー期間:4月24日〜7月15日

【第2弾】
対象搭乗期間:7月1日〜9月30日
エントリー期間:7月1日〜10月15日

【第3弾】
対象搭乗期間(仮):10月1日〜12月24日
エントリー期間(仮):10月1日〜2016年1月15日

AIR DO搭乗券や北海道の特産品がもらえる

抽選でもらえるプレゼントは期間ごとに次のようになっています。

【第1弾】
好きな1路線のAIR DO搭乗券 10名

【第2弾】
北海道6都市(札幌、函館、旭川、釧路、帯広、北見)の特産品 60名

【第3弾】
商品の内容、当選人数ともに未定

キャンペーン参加にはMy AIRDOへの登録が必要

このキャンペーンに参加するにはAIR DOのWEB会員サービスMy AIRDOへの会員登録が必要です。

My AIRDOに登録すると、AIR DOの航空券購入金額や搭乗回数に応じてポイントが貯まり、ポイントはAIR DOの特典航空券に交換することができます。

My AIRDO
http://www.airdo.jp/my_airdo/


どの期間が当たりやすいのか

AIR DOは月ごとの利用人数をウェブサイトで公開しています。

この情報を参考に、第1弾から第3弾の当選確率を考えます。

キャンペーン対象人数は第2弾が最多

2014年の利用実績では、第一弾の期間を含む5月と6月の利用人数は299,449人、第2弾の7月から9月は557,572人、第3弾の10月から12月は487,046人となっており、第2弾の期間が最も多いことがわかります。

やはりハイシーズンの夏場の利用者が多いようです。

商品の数も第2弾が最多

キャンペーンの商品の本数は第1弾が10本、第2弾が60本です。(第3弾は未定)

各期間の当たりやすさの違いは?

今回のキャンペーンの応募条件を確認します。

  • AIR DOの北海道着便を利用すること
    飛行機で行って船や鉄道や車で帰る(またはその逆)というのはあまりなさそうなので、全搭乗者数のおよそ半分が北海道着便の利用者数と考えて良いでしょう。

  • 北海道外に住んでいること
    当てずっぽうですが、全利用者の95%が該当するということにします。

  • My AIRDOに会員登録していること
    北海道外に住んでいる方でMy AIRDOに登録されているのは、ビジネスで頻繁に北海道に行き来する人が中心ではないでしょうか。これも当てずっぽうですが、現状は5%、今回のキャンペーンで更に10%増えて、合計15%が該当するということにします。

これをもとに表にすると次のようになります。

時期 全利用者数 うち北海道着便利用者数 うち道外在住 うちMy AIRDO会員
第1弾 4月から6月 299,449人 149,725人 142,238人 21,336人
第2弾 7月から9月 557,572人 278,786人 264,847人 39,727人
第3弾 10月から12月 487,046人 243,523人 231,347人 34,702人

一番右がキャンペーンの対象人数です。

プレゼントの本数をこの人数で割ると次のようになります。

第1弾:0.047%
第2弾:0.151%
第3弾:(未定)

第3弾の内容が発表されていませんが、いまわかる範囲では第2弾が一番当たりやすそうです。


まとめ 〜ダメ元で申し込むか

第2弾の時期(7月〜9月)に北海道へ行く予定があれば、ダメ元で申し込むとひょっとしたら当たるかもしれない、というくらいの確率ですね。

人数が増えれば当たりやすくなるので、この夏ご家族で北海道へ行く予定があれば、検討されても良いのはないでしょうか。


Photo by pika1935