【半額】Apple Musicの学割が日本でもスタート

シェアする

Apple Music

Apple Musicの通常料金は個人メンバーシップが月額980円ですが、大学生・大学院生に限り最大48か月間、半額で利用できるようになりました。

UNiDAYSの学生証明サービスへの登録が必要です。


スポンサーリンク

Apple Musicの学割サービスが日本に上陸

Apple Musicの学割サービスは当初、アメリカ・イギリス・オーストラリア・デンマーク・ドイツ・アイルランド・ニュージーランドでのみ提供されていましたが、2016年11月30日からは新たに日本を含む24の国と地域でも利用できるようになりました。

日本での学割料金は月額480円で、大学および大学院に在学する間、最大48か月間この料金で利用できるとのことです。

Apple Musicの学生メンバーシップの詳細は以下のページで確認できます。

Apple 「Apple Music の学生メンバーシップを利用する」
https://support.apple.com/ja-jp/HT205928

「学位を授与する総合大学や単科大学」という条件があるので、高校生や短大・専門学校に通う方は対象にならない模様です。

なお、リンク先のページでは対象国・地域に日本が含まれていませんが、対象国・地域の拡大はすで多くのメディアが報じていますし、日本でもiOSのMusicアプリやPCのiTunesに学生プランが表示されているので、ページの更新が追い付いていないだけだと思われます。


UNiDAYSによる在学証明が必要

Apple Musicの学生メンバーシップを利用するためには、UNiDAYSの学生認証サービスを使った在学証明が必要です。

在学証明を取得できるのはUNiDAYSに登録されている大学のみですが、ちょっと試してみたところ非常に多くの大学がヒットするので、かなり広い範囲でカバーされるのではないかと思います。

UNiDAYSへのユーザー登録には大学等から発行された個人用メールアドレスの入力が必要で、学校によってはこのあたりがハードルになるのかもと思ったりします。


学生じゃなくても少し安く利用できる

Apple Musicの利用料はiTunesカードやiTunesコードでチャージしたポイントで支払うことができます。
iTunesカード/iTunesコードはいつでもどこかしらで10%程度の割り引きまたは増量販売が行われているので、その分だけApple Musicを安く利用できることになります。

また、Apple MusicカードやApple Musicギフトコードを利用すれば、10か月分の料金で12か月間利用できるという割り引きが行われます。

【手順】Apple Musicギフトコードの使い方が難しかったのでその手順を解説
Apple Musicの個人プラン(通常月額980円)を1年間9,800円で使えて1,960円お得という「Apple Musicギフトカード(ギフトコード)」を試してみましたが、普通の人は使い方わからないんじゃないかというほど手続きが複雑なので、手順を残しておきます。 Apple Musicギフトカードを買ったはいいけど使い方がわからない方は参考にされてください。

こうしてみると、Google Play MusicやSpotifyと比べて、Apple Musicは直接・間接の割り引き制度が充実しているようです。

iTunesの使い勝手がなかなか良くならないという不満はありますが、スマホだけで使っている分にはあまり不満はありませんし、価格重視ならApple Musicというチョイスはありだと思います。

リンク:Apple Music