【激アツ】SurfaceでAndroidアプリが使える! BlueStacksがいろんな意味で熱い

シェアする

BlueStacks

BlueStacksというアプリを使うとWindows PCやMacでAndroidのアプリを動かすことができます。

Windows版を使えばSurfaceをAndroidタブレットとしても使えてとても便利です。そして熱い。


スポンサーリンク

Windows/Mac向けAndroidエミュレーター「BlueStacks」

BlueStacksはWindows PCとMac向けに開発されたAndroidエミュレーターで、インストールするだけでAndroidアプリが動かせるようになるというスグレモノです。

BlueStacks
http://www.bluestacks.com/

月額2ドルの有料ソフトですが、所定のAndroidアプリをインストールすることで無料になります。

BlueStacks Price


BlueStacksをSurfaceにインストールしてみる

インストールと初期設定は簡単。手順は次のとおりです。

  1. BlueStacksのサイトでインストーラーをダウンロード
    BlueStacks Download

  2. 手順にしたがってインストーラーを起動
    BlueStacks Download 2

  3. インストーラーのウィザードに従ってインストール
    BlueStacks Installing
    特に設定を変えるべきところはありません。
    指示のとおりに「継続」や「次へ」や「インストール」をクリックしていけば完了します。

  4. デスクトップに現れるBlueStacksのアイコンからBlueStacksを起動

  5. 画面の指示に従って初期設定
    初期設定もほぼ指示通りで問題ありません。
    まずGoogle Playのアカウントとの関連付けを行います。
    BlueStacks Initial Settings 1
    「次へ」で進みます。
    BlueStacks Initial Settings 2
    Googleアカウントを持っていれば「既存のアカウント」を、持っていなければ「新しいアカウント」をクリックします。
    ここではすでにアカウントがある場合の例として「既存のアカウント」で進めます。
    BlueStacks Initial Settings 3
    「メール」欄にはGoogleアカウントのメールアドレス(********@gmail.com)を、パスワードにはそのアカウントのパスワードを入力します。
    2段階認証を有効にしているアカウントの場合は確認コードの入力を求められますので指示に従います。
    BlueStacks Initial Settings 4
    規約を確認して「OK」
    BlueStacks Initial Settings 5
    ログインできるまで待ちます。
    BlueStacks Initial Settings 6
    Googleサービスの設定です。お好みでどうぞ。私は下のチェックは外しました。
    BlueStacks Initial Settings 7
    次にApp Syncの設定を行います。「次へ」
    BlueStacks Initial Settings 8
    パスワードを入力して「ログイン」
    BlueStacks Initial Settings 9
    アカウントの復旧オプションに関する画面が出たら、必要な情報を入力してください。不要な場合はスキップすることもできます。
    BlueStacks Initial Settings 10
    以上で初期設定は終了です。「OK」で完了。


アプリを動かしてみる

早速BlueStacksを試してみます。

BlueStacks start screen

初期状態ではアプリが入っていないので、スタート画面の左上にある「検索」ボタンからGooglePlayへ移動して適当なアプリをインストールします。

BlueStacks search apps

らじる★らじるでラジオを聞いてみる

NHKラジオのサイマル配信アプリ「らじる★らじる」を試してみます。

BlueStacks radio

全く問題なく動作します。音が悪いとか途切れるということはありません。
操作に対する反応も悪くありません。

モンストで遊んでみる

モンストです。モンスターストライクです。ちゃんと動きます。

BlueStacks Monst

モンスト、初体験ですが、これは面白い。というか快感です。
これにハマると仕事も何も手につかなくなりそうなので、速攻で削除しました。


BlueStacksがアツい

このように、BlueStacksを使えば比較的簡単にAndroid用アプリを動かせます。

Surfaceをタブレットとして使おうとすると、現時点ではWindowsストアの品揃えの貧弱さが弱点になりそうなので、その部分を無数にあるAndroidアプリで補えるのはとっても好都合です。
そういう意味でBlueStacksはSurfaceユーザーにとってアツいソフトと言えます。

そしてもう一つの熱さ。
BlueStacksを使うとSurfaceの発熱がアツいです。
Surface Pro 3ではBlueStacks起動後ほどなくして冷却ファンが回り始め、本体背面はアツアツになります。かなりのCPUパワーを消費している模様です。
おそらくバッテリー消費も激しいと思われるので、ご利用は計画的に。