「 周辺機器 」一覧

【おすすめ】EARINワイヤレスイヤフォンの第一印象

【おすすめ】EARINワイヤレスイヤフォンの第一印象

iPhone 7にはイヤフォンジャックがないので、同梱のLightning直結EarPodsを使うか、手持ちの安いBluetoothイヤフォンを使うかして凌ぎつつ、新たなBluetoothイヤフォンかヘッドフォンを物色していましたが、EARINの完全ワイヤレスイヤフォンが安くなってきたので手に入れました。 これはかなり快適です。

【新定番】FILCO Majestouch Convertible 2 シリーズは高級キーボードの新たな定番になりそう

【新定番】FILCO Majestouch Convertible 2 シリーズは高級キーボードの新たな定番になりそう

ダイヤテックから新しいキーボード「FILCO Majestouch Convertible 2」シリーズが発売になっています。 Cherry MXスイッチを採用したメカニカルキーボードで、USB接続とBluetooth接続の両方に対応していて、さらにテンキーがない「Tenkeyless」版も用意されているという、至れり尽くせりの構成。 とりあえず無難に茶軸のテンキーレスを1つ欲しいです。

【レビュー】dodocool LEDライト付きソーラーバッテリーチャージャー DA68

【レビュー】dodocool LEDライト付きソーラーバッテリーチャージャー DA68

なんとなく気になっていても、実際に手を出すには至らない製品というものがあります。 私にとって太陽電池パネルを備えたモバイルバッテリーはそのような製品の一つでした。 このたびdodocoolさんからレビュー用のデバイスを提供していただいたので、実際にお外で使ってみた経験を踏まえてレビューしたいと思います。

【デスクワーク最強マウス】Logicool MX Masterの魅力

【デスクワーク最強マウス】Logicool MX Masterの魅力

PCの出荷台数がどんどん減っているという調査結果を目にしましたが、社会人の方のお仕事や、学生さんでもレポート書きや込み入った調べものの場面ではPCがないと話にならないのは今も変わらないはずなので、ある程度のところで下げ止まるんじゃないかと楽観しています。 さて、PCで気合いを入れて作業しようとする場合、キーボードやマウスなどのインターフェースが快適かどうかによって、作業効率がぜんぜん違ってきます。 最近、個人的にデスクトップPCで作業する機会が多くなっていて、マウスをいくつか試していたのですが、やっぱりLogicool MX Masterが快適だということを再発見しました。

【当選】MicrosoftのOffice x OneDriveキャンペーンでEOS Kiss X7が当たった話

【当選】MicrosoftのOffice x OneDriveキャンペーンでEOS Kiss X7が当たった話

少し前にMicrosoftの「Office x OneDrive 体験して応募! 選べる! もらえる! 9種類のプレゼント」というキャンペーンが行われていました。 応募の手順が面倒だったのと、商品をもらえるのが50名とあまり多くなかったのとで、記事にはせずに自分の分の応募だけしていました。 当たった!

【レビュー】カードサイズの極薄モバイルバッテリー「dodocool Power Bank DP08」(25%オフクーポンあり)

【レビュー】カードサイズの極薄モバイルバッテリー「dodocool Power Bank DP08」(25%オフクーポンあり)

dodocoolというメーカーのモバイルバッテリー「Power Bank DP08」を手に入れました。 カードサイズで厚さはたったの8mm。 メーカーのサイトにはこの製品を二つ折りの財布に入れる画像が掲載されていますが、その気になれば本当に財布に入れて持ち運べます。 ごついバッテリーを持ち歩くのに疲れた人や、ポケモンGOのためのスマートなバッテリーを探している方におすすめです。 今ならクーポンコードで25%オフで手に入ります。

【エルゴトロン】モニター用のアームが快適すぎて仕事も遊びも捗る話と分厚い机への取り付け方

【エルゴトロン】モニター用のアームが快適すぎて仕事も遊びも捗る話と分厚い机への取り付け方

少し前にオカムラのタスクチェア「コンテッサ」を手に入れて、家でPCに向かうときにはずっとこの椅子に座るようになりました。 キーボードを使うときはのけ反って頭をヘッドレストにあずけ、腕もアームレストに乗せて手首から先だけ動かすようにするとビックリするほど楽ちんになりますが、これまでと比べてモニターと頭の距離が遠くなるので、小さな文字が読みづらくなるといった弊害もあります。 そこでモニターアームの出番です。

【円高到来】これから個人輸入で買いたいモノ ~ Leica D-LUX Typ 109

【円高到来】これから個人輸入で買いたいモノ ~ Leica D-LUX Typ 109

イギリスの国民投票でEU離脱への賛成票が過半数になり、イギリスの通貨ポンドが暴落しています。ついでにユーロもひどいことに。 この騒ぎでアメリカの利上げが遠のいたという観測もあり、当分は世界の主要通貨に対する円高が続きそうな気配です。 つまり個人輸入の季節が到来したということです。

【ピンク軸】FILCO Majestouchに静音モデル「Majestouch 2 S」登場

【ピンク軸】FILCO Majestouchに静音モデル「Majestouch 2 S」登場

ダイヤテック株式会社のキーボードブランド「FILCO」からは、ドイツ CHERRY社のメカニカルスイッチを使ったキーボードがたくさん発売されていますが、今月末から静音タイプの「ピンク軸」スイッチを使ったモデルが登場することになりました。 その名も「Majestouch 2 S」。 ところでピンク軸とは?

【名機の予感】ソニーの空間光学ブレ補正対応アクションカメラ「FDR-X3000」「HDR-AS300」がほしい

【名機の予感】ソニーの空間光学ブレ補正対応アクションカメラ「FDR-X3000」「HDR-AS300」がほしい

ソニーがアクションカメラ市場に参入したのは2012年「HDR-AS15」という機種が最初だったと記憶しています。 当時はアクションカメラといえばGoPro、Drift、Contourあたりの海外製品が主流で、日本勢ではJVCがかろうじて参入していたくらいでしたが、製品の出来も広告の出来も海外勢に圧倒されていたという印象です。 ソニーはその後も順調に製品をリリースし続け、気が付けばアクションカメラ業界で存在感のあるメーカーの一つになりました。 そのソニーから世界で初めて空間光学ブレ補正機能を搭載したアクションカメラが発売されます。すごく欲しい。

【改善】NEC Aterm WG1800HP2で通信が安定しないときにやったこと

【改善】NEC Aterm WG1800HP2で通信が安定しないときにやったこと

自宅のWi-FiルーターはNECのAterm WG1800HP2という機種を使っています。 802.11acに対応し5GHz帯でも利用できることから、電子レンジを使うと通信が遅くなるといった問題を解消できるのではという期待と、有線で940Mbps、無線で822Mbpsという非常に高い実効スループットを持つという点を見込んで導入しました。 実際に使ってみると、繋がっていれば速いけど結構な頻度で通信が不安定になるのがずっと不満だったのですが、このほど解消しましたのでその手順を残しておきます。

スポンサーリンク