「 Mac 」一覧

【外付】12インチMacBookや新MacBook Proになるべく安くSSDを外付けしたいときのケース選び

【外付】12インチMacBookや新MacBook Proになるべく安くSSDを外付けしたいときのケース選び

12インチMacBookや2016年モデルのMacBook Proには、外部接続用のインターフェースとしてUSB Type-Cポートしか搭載されていません。 また、内蔵ストレージもSSDしか選べないため、容量の大きなモデルを選ぼうとすると、本体の価格が一気に跳ね上がることになります。 ストレージは必ずしもすべて内蔵されている必要はなく、大容量を使いたいときにだけ外付けすれば事足りることも多いので、外付けのSSDをなるべく安く手に入れる方法を考えます。

【Tips】Macを使っていると画面の右上に表示されるiTunesの通知が邪魔な場合の対処法

【Tips】Macを使っていると画面の右上に表示されるiTunesの通知が邪魔な場合の対処法

Macを使ってiTunesで音楽を再生しながら作業していると、曲が変わるごとに画面の右上に曲名が表示されては消えるということを繰り返します。 普段はほとんど気にならないこの動作ですが、ちょうどSafariの新規タブを開こうとしていたり、右端に近いタブを操作したいときに表示されると、非常に鬱陶しいです。 iTunesの通知をオフにする方法。

【試み】macOS SierraでEmacsライクなキー操作(のごく基本的な部分)を再現する

【試み】macOS SierraでEmacsライクなキー操作(のごく基本的な部分)を再現する

Mac OS用のキー操作変更ソフトとして長年愛用してきたKarabinerがSierraでは動かないということで、どうしたものかと困っていました。 個人的にはEmacsライクにカーソルの移動とコピペができれば文句はないので、Keyhac for Macを使って簡単な操作だけできるようにしました。

【比較】2016年末に選ぶべきモバイルラップトップ

【比較】2016年末に選ぶべきモバイルラップトップ

2015年の春にSurface Pro 3のCore i3モデルを買って、途中Surface 3に浮気したりしながら、かれこれ1年半ほどのあいだ外出時のラップトップの主力として使い続けてきました。 2014年10月の発売から約2年。自分の用途的にはほとんど不満はないものの、最近目にする新しいラップトップへの興味は隠せません。 今後2年間くらい使うつもりで、次期主力ラップトップを選びたいと思います。

【違い】新しい12インチMacBookとSurface Pro 4のどちらを買えばいいのかのガイド

【違い】新しい12インチMacBookとSurface Pro 4のどちらを買えばいいのかのガイド

12インチMacBookの新型が発表されました。 Appleストアではすでに販売が始まっており、いま発注すれば数日で手元に届くようです。 今回はプロセッサーをBroadwellからSkylakeに更新するという小幅なアップデートにとどまりましたが、薄さを極めた筐体と仕上げの美しさの魅力は1年前からちっとも色褪せておらず、とても欲しい。 この春ラップトップを買おうというかた向けに、新しい12インチMacBookとSurface Pro 4のどちらを買うべきかのガイドをお届けします。 ちなみに私は毎日の仕事でSurfaceを使いつつMacBook Pro Retinaも愛している中立派です。...

【凡ミス】Boot CampでMacにWindowsをインストールしようとしたらAppleSSD.sysの署名がミスってるせいでエラーになる件と回避方法について

【凡ミス】Boot CampでMacにWindowsをインストールしようとしたらAppleSSD.sysの署名がミスってるせいでエラーになる件と回避方法について

Surface 3は自宅で常用するには少し非力なので、自宅用のWindows環境としてデスクトップPCを使っていますが、本体もモニターも場所ふさぎなのでちょっとどうにかしたくなりました。 それで、メインで使っているMacBook ProにWindowsをインストールしたところ、謎のエラーでWindowsが起動しません。どうやらAppleがBoot Camp関連のドライバーでミスってる模様です。 海外のフォーラムに出ていた回避方法と私が実際にやってうまくいった方法を紹介します。

【ほっそり】VMWare Fusionの仮想ディスクが肥大化しすぎて困ったときはこうすると小さくできる

【ほっそり】VMWare Fusionの仮想ディスクが肥大化しすぎて困ったときはこうすると小さくできる

自宅では主にMacを使っていますが、溺愛用しているソフトウェアにWindowsでしか使えないものがあるためWindowsの環境も必要です。 そのソフトを使うときだけSurfaceを起動するのでもいいけど少し面倒なので、MacにVMWare Fusionで仮想化環境を作り、そこにWindowsをインストールして使っています。Boot CampのようにMac OSと排他的にしか使えないということがなく、とても便利です。 そのVMWare Fusionの仮想ディスクのサイズが肥大化して困ったときにどうやって解決したかを紹介します。 かんたんです。

スポンサーリンク