「 Surface 」一覧

Surface Laptopのキーボードの汚れ具合に関する実験

Surface Laptopのキーボードの汚れ具合に関する実験

寝ても覚めてもSurface Laptopです。 Surface LaptopはSurfaceシリーズ初の非2-in-1デバイスで、そのデザインや作りの良さに注目が集まっていますが、もう一点(たぶん少し心配気味に)注目されているのが、パームレスト部分がアルカンターラという合皮の生地で覆われていることです。 コーヒーやワインやピザ(!)でどんな風に汚れるか、汚れはきれいにできるのかを実験した人々がいます。

Surface Laptopが気に入らないという5つの理由

Surface Laptopが気に入らないという5つの理由

Surface Laptopの国内発表を心待ちにしています。 ゴールデンウィーク中に海外の各所から実機の動画レビューが公開されていますが、どれもSurface Laptopとその周辺機器の質感の高さがよくわかるもので、発売されたらすぐにでも手に入れたい。 ここではそれらの動画を眺めつつ、Surface Laptopが気に入らないかもしれない5つの理由について考えたいと思います。

13.5インチ型クラムシェル「Surface Laptop」発表~日本での発売は?

13.5インチ型クラムシェル「Surface Laptop」発表~日本での発売は?

Surface Laptopが発表されました。 タッチ操作とペン入力に対応しつつ、ディスプレイとキーボードを分離させることができないという、わりと普通のウルトラブックという趣のSurface Laptop。「Windows 10 S」という謎のOSを搭載しています。 Windows 10 Proに無償でアップグレードできるなら買いで良いと思います。

Surface Proシリーズが欲しい人は、我慢せずにSurface Pro 4を買ったほうがいいかもしれない

Surface Proシリーズが欲しい人は、我慢せずにSurface Pro 4を買ったほうがいいかもしれない

Surface Pro 4の発売からゆうに1年以上が過ぎて、いつ新しいSurface Proシリーズが発売されてもおかしくない状況ですが、今すぐ必要なら我慢せずにSurface Pro 4を買ってしまっても良いかもしれないという話です。 次期Surface ProはCPUのアップデート程度にとどまるかもしれないという情報について。

【Tips】Surfaceのキーボードを使いこなす(2)~ホームポジションから手を動かさなくてよくなるEmacsキーバインドの設定

【Tips】Surfaceのキーボードを使いこなす(2)~ホームポジションから手を動かさなくてよくなるEmacsキーバインドの設定

(ずっと以前に書いたままになっていた記事を蔵出しで掲載します。記事中の設定画面はWindows 8.1のものですが、Windows 10でもほぼ同じ手順で設定できます) Surface 3を気に入って使っていますが、タイプカバーのキーボードは標準的なキーボードよりもサイズが小さいので、いくつか工夫している点があります。 一生役立つ!(かもしれない)、便利なキーボードの使い方を紹介するシリーズの第2弾です。 今回は少しマニアックですが、一度身に付ければ一生ものです。

【Tips】Surfaceのキーボードを使いこなす(1)~日本語入力のオン・オフを快適にする

【Tips】Surfaceのキーボードを使いこなす(1)~日本語入力のオン・オフを快適にする

(ずっと以前に書いたままになっていた記事を蔵出しで掲載します。記事中の設定画面はWindows 8.1のものですが、Windows 10でもほぼ同じ手順で設定できます) Surface 3を気に入って使っていますが、タイプカバーのキーボードは標準的なキーボードよりもサイズが小さいので、いくつか工夫している点があります。 一生役立つ!(かもしれない)、便利なキーボードの使い方を紹介します。

【廉価】Surface Pro 4ペンなしモデルのメリット

【廉価】Surface Pro 4ペンなしモデルのメリット

Surface Pro 4のCore m3モデルからSurfaceペンを省いた廉価版が発売されます。 お値段9万5,800円。Surface Pro 4で初めて10万円を切りました。 もちろんペンなしで普通のタブレットとして使うこともできるわけですが、ペンあってこそのSurface Pro 4とも思いますので、このモデルを選ぶメリットをひねり出したいと思います。

【推奨】大学・専門学校への進学を控えた学生さんにおすすめのPCはMicrosoft Surfaceという話

【推奨】大学・専門学校への進学を控えた学生さんにおすすめのPCはMicrosoft Surfaceという話

大学入試もそろそろ山場を迎える時期です。 受験生の皆さんが万全の状態で全力を出し切られることを願ってやみません。 合格発表から入学までの間は、あらゆる憂いから解放された超快適な時間なので、それを楽しみに受験シーズンを乗り切っていただきたいと思います。ホントに「春って最高だな」とか言っちゃうほどハッピーになれます。 さて、この記事は大学や専門学校への進学を控えた学生さんに、Microsoft Surfaceをおすすめする内容となっています。わりと本気で書いてます。

【レビュー】Surface Bookは据え置きメインのハイパフォーマンスPCとしておすすめ

【レビュー】Surface Bookは据え置きメインのハイパフォーマンスPCとしておすすめ

Microsoftのハイエンド・ラップトップ「Surface Book」をお借りしてしばらく使わせていただきましたので、そのレビューをお届けします。 Surface Bookは発表・発売からしばらく経っていますが、アメリカでは性能を強化したSurface Book with Performance Baseが発売されるなど、今も進化を続けているSurfaceシリーズのフラッグシップです。 今回は現時点で日本で販売されている中では上から2番目のモデル(Core i7 / RAM 16GB / SSD 512GB / dGPU)のレビューをさせていただきます。

【レビュー】Microsoft Surface Pro 4は今でも最高レベルの2-in-1だった

【レビュー】Microsoft Surface Pro 4は今でも最高レベルの2-in-1だった

Surface Pro 4をお借りする機会がありましたので、Surface歴約1年半(Surface Pro 3とSurface 3)の私が実際に使ってみた感想をまとめます。 発売から少し時間が経っていますが、今でも十分第一線で戦える実力があります。 ちょうど価格改定も行われてお求めやすくなりました。

【比較】2016年末に選ぶべきモバイルラップトップ

【比較】2016年末に選ぶべきモバイルラップトップ

2015年の春にSurface Pro 3のCore i3モデルを買って、途中Surface 3に浮気したりしながら、かれこれ1年半ほどのあいだ外出時のラップトップの主力として使い続けてきました。 2014年10月の発売から約2年。自分の用途的にはほとんど不満はないものの、最近目にする新しいラップトップへの興味は隠せません。 今後2年間くらい使うつもりで、次期主力ラップトップを選びたいと思います。

スポンサーリンク