【大改善】DTI SIMが余ったパケット容量の翌月繰り越しに対応

シェアする

DTI SIM campaign

格安SIMのDTI SIMではこれまで、その月に使い切れなかったパケット容量は破棄され、翌月使えるパケット容量は契約容量分だけでした。
多くのMVNOがパケットの繰り越しに対応する中、この制限はDTI SIMにとって大きなマイナスだったわけですが、5月から解消されます。

また、連続する3日間の通信容量が一定値を超えると高速通信ができなくなる制限も緩和されます。

現在行われている半年無料キャンペーンの効果アップが期待できます。


スポンサーリンク

パケット容量の翌月への繰り越し

DTI SIMには毎月の高速パケット通信の容量により、1GB、3GB、5GB、10GBの4つの契約プランがあります。

月々の高速パケット通信の容量はこれらの上限値に制限されていて、上限値を超えると高速通信ができなくなります。

DTI SIMではこれまで、ある月の高速パケット通信の容量を使い切らなかった場合でも、使わなかった容量を翌月に繰り越すことはできませんでした。

このため、「容量3GBの音声プランが半年間無料」「月額料金から980円を半年間割り引き」といった割引率の高いキャンペーンをされていても、「3GBじゃ足りないかもしれないし」とか「繰り越しできる他社のほうが後々お得そうだし」といった理由で敬遠されるケースも多かったんじゃないかと思います。

そんな中、DTI SIMが満を持してパケット容量の繰り越しに対応することを発表しました。
内容は次のとおりです。

  • 2016年4月利用分以降、余ったデータ容量を翌月に繰り越す

  • 申し込み手続きは不要

  • 繰り越す容量は最大で契約プランのデータ容量まで(例:3GBプランなら繰り越す容量は最大3GBまで)

  • 有料の容量チャージで追加したデータ容量も繰り越せる

  • 繰り越したデータ容量は翌月末まで利用できる

わかりやすい図がありますので引用します。
DTI SIM carry over
DTI 「「DTI SIM」、“通信速度制限の緩和”と“データ容量繰り越しサービス”を追加」

繰り越しサービスの内容は他社で提供されているものと変わりません。


3日間の通信容量制限も緩和

さらに、連続する3日間の通信量が一定の値を超えると一時的に高速通信ができなくなる制限について、容量の緩和が行われます。

契約プラン 3日間の通信量制限(現在) 3日間の通信量制限(4/29以降)
1GB 366MB 700MB
3GB 1GB 2GB
5GB 1GB 3GB
10GB 1GB 3GB

制限が掛かる容量が約2倍から3倍に拡大されており、より自由度の高い使い方が可能になります。

格安SIMの中にはBIGLOBE SIMのように、容量の大きい契約プランでは3日間の通信容量制限をなくしているものもあります。

リンク:BIGLOBE SIM

通信容量制限がなければ、それだけ短期間に大量の通信を行うユーザーが多くいる可能性が高まるわけで、回線容量と通信容量のバランスをうまく取るのがMVNO各社の腕の見せ所なのだと思います。

DTI SIMの緩和後の容量は、3GBプランに対して2GB、5GB以上のプランに対して3GBというように、契約容量に対する割合が大きいので、実際に利用する場面で問題になることはほぼなくなったんじゃないでしょうか。


DTI SIMはデータSIMも音声SIMも半年無料キャンペーン中

DTI SIMでは6月30日までの期間限定で、利用料金が半年間毎月最大1,490円割り引かれるキャンペーンを実施中です。

参考:【音声SIMも半年無料】DTI SIMのキャンペーンがパワーアップして帰ってきた!狙いは「音声プラン 3GB」

「1,490円も割り引かれるのは月々10GBとかの高額プランでしょ?」と思ったらそうではなくて、MVNOのボリュームゾーンになりそうな容量3GBの音声プランが1,490円引きです。

このプランはもともとの料金が月額1,490円なので、半年間は月額料金タダで利用できるということです。

DTI SIMはキャンペーンにしろサービスの改善にしろ小出しにするせいでアピールが弱まっているような気がするのですが、キャンペーンやサービスの内容は着実に進化しているので、格安SIMを試してみようという方には有力な選択肢になり得ると思います。

以上、DTI SIMのパケット容量繰り越しと通信量制限の緩和についてでした。

リンク:DTI SIM
リンク:BIGLOBE SIM