【朗報】Windows 10の無償アップグレード版は後でクリーンインストールもできることが判明

シェアする

Windows10 無償アップグレード

既存のWindowsユーザー向けにWindows 10の無償アップグレードの予約が始まっています。

私はすでに予約しましたが、「今の環境のアップグレードじゃなくてクリーンインストールはできないの?」とか「調子が悪くなった時に再インストールできないの?」という疑問はありました。

でも大丈夫。MicrosoftのGabriel Aulさんが「クリーンインストールできるよ」とツイートしています。


スポンサーリンク

Windows 10の無償アップグレードに関するGabriel Aulさんのツイート

この疑問に対して、Microsoft Windows insiderのGabriel Aulさんが次のようにツイートされています。

「一旦無償アップグレードでWindows 10にアップグレードしたら、いつでも同じデバイスにWindows 10をクリーンインストールし直すことができるよ」

これは朗報。


クリーンインストールしたくなることはわりとよくある

既存のWindows 7、Windows 8、Windows 8.1ユーザーに対しては、Windows 10発売から1年間の無償アップグレードが提供されますが、これら既存のOSの構成ファイルやドライバーがたっぷり入った環境をアップグレードして、余計なファイルがたくさん残った状態になるのは気持ち悪いと感じる場合もあるでしょう。

あるいは、アップグレードが直接の引き金ではなくても、アプリをインストールしたら具合が悪くなったとか、原因不明で動作が遅くなったとかいうことはありますし、グラボを新しくしたからとか、ちょっと気分を変えたいからとか、時間があったからとか、OSをクリーンインストールしたくなるきっかけはいくらでもあります。

そういうことを考えるとクリーンインストールし直せるというのは当たり前の措置ではありますが、そのことが明言されたというのは安心材料です。

Twitterアカウントのプロフィールによると、AulさんはGeneral Manager OSG Data and Fundamentals teamという役職のようです。お仕事の内容はよくわかりませんが、GMといえば部長職相当。こういう責任ある立場の方がこまめに情報を発信してくれるとユーザーとしてはとても安心できます。

ともあれ、Windows 10の無償アップグレードに関する心配ごとがひとつなくなってすっきりしました。

(追記)下記の記事でクリーンインストールの手順を紹介しています。

【少し面倒】無償アップグレードのWindows 10をクリーンインストールする手順