【超スペック】Samsung Galaxy S7とGalaxy S7 edgeを日本で手に入れる方法

シェアする

Samsung Galaxy S7 and S7 edge

Samsung Galaxy S7とS7 edgeがアメリカで発売されましたが、日本での発売についてはちっとも情報がありません。

どこかのキャリアが売り出すまでお預けになりそうな雰囲気ですが、そんなの待ちきれない場合にいち早く手に入れる方法があります。


スポンサーリンク

Samsung Galaxy S7 と Galaxy S7 edgeを手に入れる

海外のスマホを日本にも発送してくれるExpansysではSamsung Galaxy S7 と Galaxy S7 edgeの注文を受け付けています。

この記事を書いている時点で、Galaxy S7 edgeの方は2色(Gold PlatinumとBlack Onyx)ともわずかですが在庫があるようです。

Galaxy S7 series stock

昨日見た時にはもっとたくさんあったように思います。やはり引き合いは強いようです。

リンク:Samsung Galaxy S7 edge Black Onyx(エクスパンシス)icon
リンク:Samsung Galaxy S7 edge Gold Platinum(エクスパンシス)icon
リンク:Samsung Galaxy S7 Gold Platinum(エクスパンシス)icon
リンク:Samsung Galaxy S7 White Pearl(エクスパンシス)icon

記事執筆時点の価格ならどちらの機種も送料無料です。


Samsung Galaxy S7 と S7 edgeの評判

アメリカのメディアではすでにたくさんのレビューがされていますが、その中からS7 edgeの曲面ディスプレイがきれに撮れていたものを紹介します。

  • S7はS6と同じ画面サイズでパッと見それほど違わないように見える. 背面が曲面になっているのでS6より少し厚く感じるけど持ちやすくなっている.

  • S7 edgeはこれまで使った端末の中でも最高.

  • S7 edgeの端が回り込んでいるディスプレイは本体のサイズを大きくせずに表示面を大きくすることに役立っている.iPhone 6S PlusやNexus 6PやLG G4と比べても本体サイズはずっと小さい.
    幅が狭いから持ちやすいし、片手で操作しやすいし、ポケットにも入れやすい.

  • 1.5メートルの深さに30分漬けても大丈夫な防水機能がある.

  • SDカードをサポートしているので内蔵ストレージは32GBでも十分.

  • S6/S6 edgeに比べて本体の厚みは増えたけど、その分バッテリーがずっと大きくなった.S7は3,000mAh、S7 edgeは3,600mAh.S6とS6 edgeで一番不満が多かったところをちゃんとケアしている.1日は十分もつ.

  • 高速充電と高速ワイヤレス充電に対応しているので必要なときにすぐ充電できる.

  • パフォーマンス面での問題はまったく感じなかった. Webブラウズも写真撮影もゲームもどれも快適.S6/S6 edgeのように熱くもならない.

  • カメラは起動もフォーカスも速く、光の状態によらずよく撮れる.ただし、暗い場所で黄色味がかる傾向やシャープネスが効きすぎるのは以前のモデルと変わらない.

  • SamsungのTouchWiz UIは相変わらず不格好だけど、これまでの中では一番ましかも.

  • Verizonモデルはゴミアプリ満載.

  • Samsung独自アプリでは、Edge Screenが以前のものより2倍幅広になってより多くの情報が表示されるようになった.

  • 日付や時間やカレンダーや写真が表示される新しい待ち受け画面に対応した.

  • 画面のダブルタップでは起動しない.

  • Galaxy S7とS7 edgeは完ぺきじゃないけど本当にすごい機種.たぶん今買えるAndroidの機種ではベスト.

評価は高そうですね。

デザインは昨年モデルのGalaxy S6 / S6 edgeから大きな変更はないようなので、店頭でこれらの機種を触ってイメージを掴むことはできそうです。


Expansysでの買い物のしかた

Expansysは完全日本語対応しているのでサイトの指示通りに操作すれば問題なく利用できますが、不安な方はこちらの記事に手順をまとめてありますので、参考にされてください。

【SIMフリー iPhone 6】Appleストアは販売中止なので自分でなんとかする方法

以上、日本未発売のSamsung Galaxy S7 / S7 edgeを手に入れる方法についてでした。