Windows 10 Creators Updateがブルースクリーン連発でAnniversary Updateに戻した話

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 6
Windows Hello

Windows 10 Creators Updateがリリースされて、Media Creation Toolが公開になったその日に手動アップグレードしましたが、調子が悪いので一つ前のAnniversary Updateに戻しました。

その手順など。


スポンサーリンク

Windows 10 Creators Updateの調子が悪い

公開初日にCreators Updateにアップグレードして気分よく使っていましたが、その後の3日間で3回のブルースクリーンに遭遇しました。

ブルースクリーンなので作成中のデータを退避する暇もなく、いきなりプッツリ止まってしまうので、このまま使い続けるのは難しいです。

Creators Updateにアップグレードした後で、nVidiaのグラフィックスドライバーを更新したのとiTunesをバージョンアップしたのとで、nVidiaやAppleの問題という可能性も捨てきれませんが、まあたぶんCreators Updateと何かのドライバーの相性の問題なんじゃないかと決めつけて、Anniversary Updateにダウングレードすることにしました。(本当はちゃんと切り分けすればいいんですが、時間が取れないので、緊急避難です)


Windows 10 Creators UpdateをAnniversary Updateに戻す手順

Windows 10を正式な手順でアップグレードした場合、設定アプリの操作で一つ前のバージョンに戻すことができます。

スタートメニューの歯車アイコンで設定アプリを開きます。
Windows 10 Setup - 1

「更新とセキュリティ」を選択。
Windows 10 Setup - 2

画面の左側で「回復」を選び、右側に表示される「前のバージョンの Windows 10 に戻す」の「開始する」をクリックします。
Windows 10 Setup - 3

この後、何度か確認画面が表示されるので、それに応答するとダウングレードの処理が始まります。

私の環境では、5分ほどでダウングレードが完了して、Anniversary Updateに戻りました。

ちゃんとAnniversary Updateのビルド番号に戻っています。
Windows 10 Anniversary Update version number

Creators Updateにアップグレードしたけど調子が悪いという方は、いったんAnniversary Updateに戻して様子を見るというのも手です。

以上、Windows 10 Creators UpdateをAnniversary Updateに戻す話でした。

リンク:Windows 10 Pro (32bit/64bit) USBフラッシュドライブ(Amazon)
リンク:Windows 10 Home (32bit/64bit) USBフラッシュドライブ(Amazon)