【体験談】リクルートポイントの「共通ポイント(期間限定)」をメガネのJINSで使ってみました

シェアする

JINS_GLASSES_LARGE

リクルートポイントの使い道についてこれまでにいくつか記事をアップしています。

発端は入会時の特典でもらった2,000ポイントの使い道に困ったことでしたが、その後の調査でショプリエを使ったポイント交換でそれなりに使えそうなことがわかっています。

今回は入会特典の続き(初回利用特典と携帯料金支払い特典)でもらった5,000ポイントを使ってJINSでメガネを作りましたので、その手順を簡単にまとめます。

なお、リクルートポイントについては下記のページにまとめてありますので、使い道に困ったときの参考にされてください。

リクルートポイントを何とかしたい記事のまとめ


スポンサーリンク

リクルートポイントの「共通ポイント(期間限定)」を使ってみる

リクルートポイントの「共通ポイント(期間限定)」は入会時特典などで大盤振る舞いされるのですが、使い道が極めて限られていることと、有力な用途であるショプリエでのポイント交換の仕組みがとってもわかりづらいことから、もらったのは良いけどどうやって使うべきか悩ましいポイントです。

そこで前出のページにまとめたような記事を書いてみたのですが、今回は自分で実際にポイントを使って買い物をしてみます。

候補はショプリエのポイント交換でビレバンかJINS

「共通ポイント(期間限定)」はポンパレモールなどのリクルート系サイトで利用するか、ショプリエと提携するショップのポイントに交換して利用するというのが主な使い道です。

最初にもらった2,000ポイントはポンパレモールで使いました(下記の記事参照)ので、今回はショプリエを使ってみたいと思います。

【やっぱり】リクルートポイントの「共通ポイント(期間限定)」にヤラれた

さて、ショプリエを使えば多くのショップでリクルートポイントを割引きに使えるのですが、ショップのラインナップがどちらかと言えば若い女性向けに偏っている印象があります。

今回はそれらの中から、世代や性別にかかわらず利用しやすい(そして今自分が利用したい)ショップとして、ヴィレッジヴァンガードとJINSをピックアップしました。

ヴィレッジヴァンガードはCD/DVD/書籍/キッチュ系の雑貨を主に取り扱うショップで、扱う商品がたくさんあることと、ショプリエを利用できる店舗数が多いことから、候補に上げました。

JINSは言わずと知れたメガネ屋さんで、比較的安価にメガネを作ることができます。職場にはJINS PC掛けてる人が数えきれないほどいます。JINSでショプリエを利用できる店舗は東京の恵比寿にあるお店だけです。

ビレバンで5,000円分使うのはキツい

当初、家の近くに店舗があるヴィレッジヴァンガードが有力候補だったのですが、今回使いたいポイントは5,000ポイント、5,000円分です。

ヴィレッジヴァンガードで何か買うとすれば、店員さんがキュレーションしているそれほどメジャーじゃないマンガ本がメインになると思っていましたが、5,000円分はちょっと多い。変わったスマホケースとかCDとかを組み合わせて5,000円くらいにすることもできますが、無理して買った感が出てしまうのはアレなので、ヴィレッジヴァンガードでの利用は断念しました。
近くて便利だったのに…。

JINSで使ってみる

JINSなら度入りのメガネは最安4,900円+税なので、5,000ポイントの使い道としてはちょうどいいです。

さて、JINSでショプリエのポイント交換を利用できるのは東京のアトレ恵比寿店のみです。

早速、アトレ恵比寿のJINSに出向いてメガネを物色しました。

JINS

フレームによって価格が異なりますが、今回は9,900円(税別)のこれにします。

JINS 【Fine Fit Acetate】ファインフィットアセテート

購入手続きは現金やクレジットカードの場合とほぼ同じ

JINSでメガネをオーダーする場合、まずフレームを選び、次に視力測定をしてレンズを決め、代金を支払ったあとで出来上がったメガネを受け取ります。

リクルートポイントを使う場合、この一連の手続きのうち支払い以外は現金やクレジットカードで支払う場合と全く同じです。

違いは、支払いの前にスマホのショプリエアプリでポイント交換の申し込みをしておき、支払いの時に店員さんにスマホを渡してパスコードを入力してもらう部分だけです。

その手順は次のとおりです。

ショプリエアプリを起動し、メニューの「交換(ポイントを使う)」をタップ
Shoplier menu

ポイント交換するショップを選択
Shoplier shoplist

交換するポイント数を選択
Shoplier JINS

なお、ここで交換したポイントは一回の会計につき一度しか使えないので、今回は最高額の「JINS 5000円 ギフトカード」を選びます。

画面下の「上記に同意の上 交換する」ボタンをタップ
Shoplier exchange
※ ポイントがある状態ではボタン名が「上記に同意の上 交換する」となります。

ポイント交換の申し込みを行うとアプリ上に次の画面が表示されます。

Shoplier passcode

パスコードはショップの店員さんに入力してもらうものです。会計のときにこの画面を表示した状態で店員さんにスマホを渡すと、店員さんがパスコードを入力してくれた上で会計から割引きされます。

そうしてゲットしたメガネがこちらです。
JINS Glasses

軽い掛け心地が快適で、さっそく仕事用としてヘビーユースしています。


ショプリエで「共通ポイント(期間限定)」を使うのは、わかってしまえば難しくない

以上、リクルートポイントの「共通ポイント(期間限定)」を使ってJINSのメガネを作った体験談でした。

ポイント交換の手続き自体に難しいところは全くありませんし、約束通りちゃんとポイント数分の割引をしてもらえます。

ショプリエの問題は、どのショップで使えるのか、その条件はどうなのかを、アプリをちまちま操作して一つ一つ確認しなければわからないことです。
ウェブサイトでジャンルごとにどういうショップでどういう条件で使えるのかをまとめておいてくれればずっと敷居が下がるはずなのですけど。

というわけで、リクルートさんにはショプリエの情報提供のあり方を改善していただきたいと思うわけですが、何はともあれ無事にポイントを使い切ることができてスッキリしました。

「共通ポイント(期間限定)」の使い道に悩まれている方のお役に立てれば幸いです。