【狼煙】MicrosoftのWindows 10への意気込みが伝わるビデオ

シェアする

Project Spartan

Windows 10のプロモーションビデオが密度ギチギチで楽しかったので紹介します。

なんかスゴそうなことは伝わった。


スポンサーリンク

MicrosoftのWindows 10プロモーションビデオ「Windows 10 Highlights Reel」

「Windows 10 Highlights Reel」はMicrosoftのWindows公式アカウントがYoutubeにアップしている、Windows 10の紹介動画です。

長さは1分54秒。

The Everlastersの『Get Together』に乗せた軽快なビデオですが、内容は盛りだくさんです。

ポイントは次のとおり。

  • 組み込み機器からスマホ、タブレット、PC、ゲームコンソール、VRゴーグルに至るまでの膨大なデバイス群を、1つのプラットフォーム、1つのアプリストアでまかなう
  • ユーザーは15億人、190カ国、111言語に及ぶ
  • 一般消費者と企業ユーザー両方の望むものを形にする
  • 慣れ親しんだデスクトップが帰ってくる
  • でも値段は以前とは違って無料アップグレード
  • Cortanaってすげえぜ
  • Edgeもすごいよ
  • Windows Insider ProgramをこれまでのどのWindowsよりも早く始めて外部の意見を取り込んでる
  • ラップトップからキーボードを取り外すと自動的にタブレットモードになる
  • OutlookやOneNoteやExcelやFresh Paintやいろんなアプリとサービスが便利
  • Windows Helloで顔認識してログイン
  • スマホでもPCでも同じように利用できる機能やサービスがある
  • 超音波診断やMRIや公共輸送機関や発電所や工場の生産設備を支えるInternet of Thingsもカバーする
  • Xbox OneのゲームをPCにストリーミングしてプレイできる
  • だからデベロッパーはすごいものをいろいろ作れる
  • みんながTwitterやメディアで褒めてくれてる
  • Hololensでカワサキっぽいバイクのデザインもできる

2分にこれだけ詰め込むとかすごいです。


「そろそろ本気出す」

ビデオの最後にMicrosoftのCEOサティア・ナデラさんがこういうことを言っています。

“We want to move from people needing Windows to choosing Windows, to loving Windows.”

これは、Windowsを「必要だから仕方なく使うもの」から「好きだからあえて選んで使うもの」に変えようとしているということだと思います。

たしかに、もし仕事場でWindowsでもMacでも好きな方使っていいって言われたらMac選ぶよなあと思うわけですが、MSにもそういう自覚があったんですかね。

ただ、これまでWindowsがMeやVistaや8で盛大にやらかしたりしながらも図太く・しぶとく生き残ってきたのは、主にビジネスの領域で圧倒的なシェアを持つことに起因して正に「needed」だったからで、MSにそこを変えるつもりはさらさらないだろうと思うわけです。
このビデオは、過去の膨大なソフトとハードの資産を背景に大儲けする今のビジネスは維持しつつ、スマートフォンやタブレットやその他もろもろの新しい領域で「そろそろ本気出す」という宣言だと受け取りました。

本気を示すために早く日本でも純正Windows Phoneを出してください。待ってますので。