【歓喜】iOS 10の新機能とSiriがサードパーティに開放されてできるようになること

シェアする

iOS 10

昨夜開幕したWWDC 2016でiOS 10が発表されました。

7月からパブリックベータの配布が始まり、秋には正式に公開されるそうです。

いろいろ更新されていますが、個人的にはSiriが強化されることに期待しています。


スポンサーリンク

iOS 10の新機能

Appleが公開しているiOS 10のプロモーションビデオです。

iOS 10の新機能や強化ポイントがまとめて紹介されています。

順番に拾っていくと次のようになります。

  • ロック画面の強化
    ロック画面に「メッセージ」の内容がリアルタイムで表示されるようになっている。

  • 「メッセージ」アプリの強化
    手書きメッセージの送信に対応。
    送信する動画・画像の選択画面で、撮影中の画像・動画と撮影済みの画像・動画をシームレスに表示・選択できるようになっている。
    LINEライクなエフェクトに対応。

  • 「ニュース」アプリを刷新
    「ニュース」は外部のパブリッシャーから配信されるニュースがまとめて表示される機能。
    一部の国ではiOS 9から導入されているが、日本には未導入。iOS 10では日本でも使えるようになるのかも。

  • 「メッセージ」アプリの強化(2)
    メッセージ入力中に絵文字化可能な単語を黄色く強調表示。
    送信する動画へのエフェクト追加に対応。
    URLを貼るとリンク先のプレビューが表示されるように。

  • Siriとサードパーティアプリの連携が可能に
    SiriのAPIがサードパーティに開放され、これまでApple純正アプリの一部を呼び出してコントロールすることしかできなかったSiriが、サードパーティのアプリもコントロールできるように(アプリ側の対応が必要)。

  • 「ミュージック」アプリの強化
    トップ画面のレイアウトを刷新。
    再生画面では歌詞表示に対応。

  • 「写真」アプリの強化
    Memories機能でジオタグや日付からアルバムを作ってくれる機能を追加。

  • 「HomeKit」の強化
    ホームオートメーション機器をまとめてコントロール。
    家のインターコムと接続して来訪者と話したり、ドアの開錠ができるように。

たった48秒の動画ですが盛りだくさんです。

癖になるBGMはこの曲です。

Hey Hi Hello (feat. Fran Hall)


Siri APIのサードパーティへの開放が楽しみ

このようにいろいろ新しいiOS 10ですが、個人的にいちばん楽しみなのはSiriの機能がサードパーティに開放されることです。

これまでSiriはAppleが独占していたため、”Hey, Siri”から呼び出せるのはiOSにビルトインされた一部の機能に限られていました。

音楽を聞こうとすると「ミュージック」アプリしか選べないのでGoogle Play MusicやSpotifyユーザーは手動で操作しなければならないし、ラジオといえば「Beats 1」だし、ルート案内は自動的に純正の「マップ」アプリに頼らざるをえませんでした。
地図って言ったら「Googleマップ」だし、カーナビなら「Yahoo! カーナビ」を使いたいところを、ぐっとこらえて「マップ」を使うことになり、ストレスマックスだったわけです。

上のビデオではライドシェアサービス「Lyft」のアプリをSiriで呼び出してコントロールしています。
これはiOS 10で公開されるSiriの機能をLyftのアプリ側から利用することで可能になっています。

iOS 10では「Google Play Music」や「Spotify」や「radiko」や「Yahoo! カーナビ」のアプリが対応しさえすれば、これらのアプリを音声で呼び出してコントロールできるようになるはずです。すばらしいです!

各アプリメーカーは秋のiOS 10のリリースに向けて対応を始められることだと思います。忙しいとは思いますが、なる早で対応をお願いしたいです。


キーボードがどうなったのかはわからない

さて、iOSのメジャーバージョンアップでもう一つ気になることは、外部キーボードの使い勝手が良くなるのかどうかです。

以前から何度か書いているとおり、iOSでiPad ProのSmart Keyboardを始めとする物理キーボードを使って日本語入力しようとすると、MacやWindowsでは考えられないほど使い勝手が悪くて頭を抱えることになります。

【失望】iPad Proのキーボードを実際に試してみたけどやっぱり日本語入力はおすすめできない

これはずっと以前からのことで、iPad Proが登場して純正キーボードが発売されたときには改善されるかと喜び勇んでアップルストアへ行きましたが、何も良くなっていなくてがっかりしたものです。

Mac OS X El Capitanに搭載された「ライブ変換」がiOS 10に実装されれば状況が変わるのではとも思うのですが。

現時点でリリースされているWWDC 2016関連の主だったレポートにこの点に触れたものは見当たりません。現地では日本語入力なんて試せないのかな?

いまを逃すとまた1年間待たされることになります。なんとか改善されていてほしいです。

以上、iOS 10の話でした。