【失望】iPad Proのキーボードを実際に試してみたけどやっぱり日本語入力はおすすめできない

シェアする

iPad Pro Smart Keyboard

iPad Proが発売されました。

早速アップルストア銀座でキーボードつきの実機を触ってきました。

これで長文を入力するのは、自分には無理です。


スポンサーリンク

アップルストアではキーボード付きの実機を触れます

アップルストアに出向く前に家電量販店も覗きましたが、iPad Proは本体のみの展示でキーボードもApple Pencilもありません。

ならばとアップルストア銀座へ行ってみると、Smart KeyboardつきのiPadが何台か展示されていました。Apple Pencilはありませんでした。

そんなわけで、買ったばかりのiPad Proの箱をうず高く積み上げた中国の方の傍でSmart Keyboardの使い勝手を確かめてきました。


Smart Keyboardの使い勝手はこれまでの外部キーボードと変わらない

結論から言うと、Smart Keyboardを使った日本語入力の使い勝手は、これまでのiPadシリーズとApple Wireless Keyboardやその他のBluetoothキーボードを組み合わせたときと、ほとんど何も変わりません。

まず、そもそもSmart Keyboardには日本語配列版はありません。英語配列に慣れる必要があります。
普段使っているMacやPCと配列が違って混乱するかもしれませんが、慣れればうまく使えるかもしれません。
iPad Pro Smart Keyboard

次に、変換候補がドキュメントにリアルタイムに反映されません。
何かを入力してスペースバーを押すとこのように変換候補の一覧が表示されますが、ドキュメント上の表示はひらがなのままです。
スペースバーを押して次の候補を選択すると変換候補上をカーソルが移動していきます。正しい候補に辿り着くまで、移動するカーソルの位置を目で追っていく必要があります。ストレスフルです。
iOS Japanese input candidates
(iPad mini 2で再現)

それから、日本語入力モードではShiftキーが機能しません。
たとえば日本語の文中に大文字で始まる半角のアルファベットを入れたい場合、MacやWindowsならShiftキーを押して入力すればできますが、iPadシリーズではこの手が使えません。
いったん英語入力モードに切り替えて入力する必要があります。人名、書名、機種名や型番、半角アルファベットを入力する機会は非常に多いので、この仕様は超不便です。

iOS Japanese input capitalization issue
(iPad mini 2で再現)

入力モードの切り替えはキーボード左下隅にある地球マークのキーで行います。
iPad Pro keyboard earth key
これを押すと、有効になっている入力モードが順番に切り替わってループします。
デフォルトでは「日本語かな」「日本語ローマ字」「English(US)」「絵文字」のループです。
設定画面で不要なものを削除することはできますが、ここで削除するとソフトウェアキーボードとしても表示されなくなるので悩ましいです。

iOS Japanese input mode shift
(iPad mini 2で再現)iPad Proでは選択肢に絵文字もありました

(2016年4月2日 追記)
9.7インチ版のiPad Proが発売されました。
店頭で短時間触れる機会があったので試しましたが、上記の動作は変わっていないようです。無念です。


その他の感想

キーのストロークはそれなりにあって、特にタイプしにくいということはありません。

キーボード部分は前後方向に寸詰まりの形状で手のひらを置く場所がないので、パームレストのあるキーボードに慣れていると最初は違和感があるかもしれません。

Commandキーがあるので、iOSデバイスとしてはコピー(Command + C)とペースト(Command + V)が劇的に楽です。Shiftキーとカーソルキーで範囲選択してコピーしてペーストできます。

Smart Keyboardは閉じるとiPad Proの液晶面側のカバーの役割を果たしますが、閉じた状態ではキーがある部分は折りたたまれて二重になるため、他の部分より厚くなるので注意が必要です。
こちらの記事中にあるGIF画像がわかりやすいと思います。

THE VERGE 「The iPad Pro has an optional Smart Keyboard cover for $169」
http://www.theverge.com/2015/9/9/9281237/new-apple-ipad-pro-keyboard-announced-specs-price-release-date

今回試した環境では、「Control + F」(カーソル右)、「Control + B」(カーソル左)、「Control + H」(1文字削除)、「Control + M」(改行)といったControlキーのコマンドが使えませんでした。
手元のiPad mini 2とBluetoothキーボードの組み合わせではできている操作です。
これがiPad ProまたはSmart Keyboard固有の現象なのか、他の何かの設定の影響なのかは、確認できませんでした。

iPad Proでとうとう純正のキーボードカバーが登場するということで日本語入力環境が改善されるかととても期待していましたが、残念ながら本質的な問題には手付かずのままになってしまいました。

iPad Proは大画面に期待して買うものであって、Smart Keyboardによる日本語入力に期待して買うものではないと思います。約9万5,000円のタブレットとして価値があると思えば買いですし、そうでなければ見送りです。

これ一台でラップトップを置き換えられるかといえば、自分なら絶対に無理です。ラップトップ的用途を考えられている場合は実機に触れてから決めるのが良いと思います。