【お守り】iPhone SE用のガラスフィルム選び

シェアする

iPhone SE 1

iPhone SEを買って2週間経ちますが、何の不満もありません。速いし安定してるしホームボタンの感触も2年使ったiPhone 5sと比べるとかちかちして気持ちいいです。

このお気に入りのiPhone SEを画面割れから守るためのガラスフィルムを探します。


スポンサーリンク

iPhone SEにガラスフィルムを貼りたい理由

私はデジタルガジェットをなるべくケースに入れずに使いたい「裸族」です。

iPhone 5sも、それ以前に持っていた代々のiPhoneシリーズも、アウトドアに持っていくとき以外はほぼケースに入れずに使っていましたし、それで支障はありませんでした。

たとえば、2年間使ったiPhone 5sですが、本体の縁の部分に小さな打痕がひとつあるのを除けば、他はピカピカのままです。いかにも傷付きやすそうな背面の光沢リンゴマークにも傷やこすれはありません。
あまり乱暴に扱わないということもありますが、常に持ち歩くデバイスとしてもともと頑丈に作られているんだろうと思います。

そんな私のiPhone 5sですが、2年間に何回か「これはやっちゃったかも」という場面がありました。
毎回パターンは同じで、シャツの胸ポケットに入れたまま靴紐を結ぼうとしたり、足元のものを拾おうとしたときに、ポケットから滑り落ちて、コンクリートやアスファルトや大理石に叩きつけられるというものです。
落差は50センチくらいですが、けっこう派手な音がして、それもなぜか毎回ディスプレイ側を下にして落ちるので、バキバキにひび割れたディスプレイを想像してドキドキしながら拾い上げ、無事を確認してホッとするということが何度かありました。

わざわざiPhone SEを壊す人

電車などで画面がひび割れたスマホを見かけてギョッとするたびに、これは他人事ではないな、自分のは割れなくてラッキーだったなという思いを新たにするのです。

そんなわけで、お気に入りのiPhone SEはケースには入れませんが、ディスプレイには何らかのフィルムを貼りたいと思います。


ガラスフィルムにはいろんな特長があった

Amazonで「iPhone SE ガラス」で検索すると、iPhone SE用のガラスフィルムが大量にリストされます。

それらの紹介文で謳われている特長をピックアップすると、ざっと次のようになります。

厚みが何ミリか(薄い方が偉い)

厚みは厚い方から0.33mm、0.3mm、0.2mm、0.15mmといったバリエーションがあって、より薄い方がiPhone本来の操作感を損なわないということになっています。

あまり厚いとホームボタン周りの操作性に影響が出ます。

値段はもちろん薄い方が高くなります。

硬度がいくつか(高い方が偉い)

ガラスの硬度が8Hのものと9Hのものがあります。数字が大きい方が硬くて強いということです。

これはほとんどの製品が9Hなので、あまり気にする必要はなさそうです。

どこ製のガラスを使っているか(日本製が偉い)

「日本製ガラス使用」とか「AGC旭硝子使用」とか書かれています。
また、あのレンズメーカーの「HOYA」が直々に販売しているものもあります。

ガラスやレンズは国産や国内メーカーが良さそうなイメージってあります。

どういうコーティングがされているか(コーティングされている方が偉い)

多くの製品は表面に何らかのコーティングがされているようです。

「耐指紋」「防汚」「撥油」などいろいろな呼び方がされていますが、どれも同じもののようです。

なお、「反射防止」を謳われている製品もありますが、iPad Air 2などに採用されている光沢画面の反射防止コーティングとは違う、マットなガラスフィルムのようです。

光沢感を残したまま反射防止コーティングされたガラスフィルムがあれば高くても売れそうなんですが、そういうのは見つけられませんでした。

縁の加工はどうか(ラウンドエッジ加工が偉い)

ガラスフィルムの端っこが切りっぱなしではなく、曲面に仕上げて手触りを良くしているかどうかです。
服などに引っ掛かって剥がれてしまう心配も減ります。

ほとんどの製品で採用されています。

ブルーライトをカットするか(カットする方が偉い)

一部の製品では目の疲れの原因となるブルーライトをカットすることを謳っています。

ブルーライトをカットする製品は厚みが厚くなる傾向があるようです。


安くて評判の良いこれにします

ガラスフィルムひとつにこれだけの特長があるというのに驚きます。

これらのうち、価格に大きく影響するのは、厚みとブルーライト低減の有無です。

店頭でいくつかの製品に触れたところ、厚みが0.2mmを超えるとはっきりと違和感があるので、0.2mm以内の製品を選びたいです。

一方、スマホを長時間見続けるような使い方はしないので、ブルーライト低減にはこだわりません。

というわけで、厚さ0.2mm、ブルーライト低減機能なしという条件で、良いレビューが多いものとして、こちらの2つを選びました。

by カエレバ

by カエレバ

価格も手ごろですし、お守りとしてiPhone SEに貼り付けておきたいと思います。

ちなみに、iFixitによると、iPhone SEはディスプレイが比較的容易に取り外せるらしいので、もし画面が割れても頑張れば自分で修理することもできそうです。

ネジを2本外して開くだけ(18秒付近)