【困惑】Windows 8.1ユーザーがWindows 10にアップグレードする前に注意すべきこと

シェアする

Project Spartan

Windows 10の正式リリースを間近に控えて、Windows 10のRTM(Release to manufacturing)版になるとも言われるbuild 10240がリリースされています。

Windows 8.1ユーザーの私がWindows 10 build 10240を使って困ったことを紹介します。

ここで紹介するソフトや機能が必須の人は飛びつく前に少しだけ考えた方がいいかもです。


スポンサーリンク

Windows 8.1ユーザーがWindows 10 build 10240で困ったこと

ではまいります。

EdgeのアドレスバーでGoogle日本語入力が日本語入力モードにならない

Windows 10に搭載されるまったく新しいブラウザー「Edge」は、Webページに書き込みをして保存したりシェアしたりできることや、ページ描画のパフォーマンスが向上していることが売りとされています。

ページへの書き込みはなんだか使えそうです。

【使えそう】Edgeブラウザーのメモ書き機能を実際に使ってみた

さて、EdgeではInternet Explorerなどと同じように、アドレスバーに検索キーワードを入力すると検索エンジンにリダイレクトしてくれますが、Google日本語入力を使っているとアドレスバーで日本語入力をオンできないようです。

Microsoft IMEなら大丈夫。

Google日本語入力が必須の人は要注意です。

1PasswordがEdgeに未対応

カナダのAgileBits社から発売されているクロスプラットフォームのパスワード管理ソフト「1Password 4 for Windows」がEdgeに未対応です。

1Passwordは各種ブラウザー向けのアドオンを使ってWebサイトのIDとパスワードをワンタッチで入力してくれるナイスなソフトウェアですが、Edge用のアドオンがリリースされていないためこの機能が使えません。

1Password本体はWindows 10上でも動作するので、そこからブラウザーにコピペでID、パスワードを入力することはできますが、便利さ半減です。

5月の時点でAgileBitsのフォーラムでは「サポートしたいけどまだどうなるかわからん」と回答されています。

AgileBits Support Forum「1Password support for Microsoft Edge [Depends on Microsoft shipping Edge with extension support 1st]」
https://discussions.agilebits.com/discussion/40429/1password-support-for-microsoft-edge-depends-on-microsoft-shipping-edge-with-extension-support-1st

Surfaceペンのボタンでスクリーンショットを撮るとストア版のOneNoteに貼り付けられる

Surfaceペンのおしりのボタンをダブルクリックすると画面をキャプチャするモードになり、その状態でペンを使って領域を選択すると選択したエリアがOneNoteに貼り付けられます。

Windows 10にOneNote 2013をインストールしてデフォルトのOneNoteに設定していても、Surfaceペンのボタンをダブルクリックするとストア版のOneNoteが立ち上がってきます。

どこに貼り付けてもしばらく待っていればデータは同期されるので結果は同じですが、OneNote 2013に反映されるまでの微妙なタイムラグがストレスです。

何かの設定で解決できそうな気もしますが、今のところうまい方法は見つかっていません。

WordPressでメディアを挿入しようとするとページの一番下に追加される

当ブログはWordpressで作成していますが、Wordpressのエディタで画像を挿入する操作をすると、そのときカーソル位置ではなくページの一番最後のところに追加されます。

Wordpress issue

その都度正しい位置にコピペしなくてはならず超メンドウです。


改善を待つしか

以上、私が使っている範囲でWindows 8.1からWindows 10で後退している部分を紹介しました。

ほとんどはしばらく様子を見ていれば各ソフト側の対応でクリアされそうな問題です。

Surfaceペンのスクリーンショットの件はちょっとどうなるかわかりません。
デスクトップ版のOneNoteが設定をオーバーライドすれば解消しそうですが、今更OneNote 2013がそんな細かいアップデートをするようには思えません。
対応はOffice 2016待ちになりそうな予感がします。

というわけで、これらのソフト・機能がこれまでどおり使えないとどうしても困るという場合は、すこし様子を見てアップグレードするのが良いかもしれませんよという話でした。