【かっぱちゃん】アクアクララのウォーターサーバーは電気代込みなら高いのを使ったほうがお得らしい

シェアする

かっぱちゃん

家庭向けウォーターサーバーのアクアクララの新CMが始まりました。

アクアクララのサービスと、水にこだわるかっぱちゃんの破壊力が際立つ新CMについて紹介します。


スポンサーリンク

アクアクララとは

アクアクララのサービス

アクアクララとは、アクアクララ専用ウォーターサーバーのレンタルとウォーターボトルに入ったおいしいお水の宅配サービスです。

アクアクララ「1分でわかるアクアクララ」

おいしい水の宅配サービス アクアクララは数ある水宅配サービスの中でも、ちょっと頭おかしい(褒め言葉です)プロモーションで知られる尖った業者さんです。

水宅配サービスというのは、家庭にウォーターサーバーを設置し、それに宅配のウォーターボトルを取り付けることで、いつでも新鮮な水を利用できるサービスです。

ウォーターサーバーというのはこういうものです。
ウォーターサーバー

そして、ウォーターボトルはこんな感じで宅配されます。
水タンク

ウォーターボトルの水の残りが少なくなったら、電話一本で新しいものを届けてくれます。
注文

ウォーターサーバーには水を加熱・冷却する機能がついていて、いつでも温水・冷水を利用することができます。
加熱・冷却には電気を使うので、電気代がかかります。
電気代はサーバーの機種により次のように異なります。(アクアクララ「商品紹介」より)

機種 1ヶ月の電気代の目安 レンタル料(月額・税別)
アクアトラスト 約550円〜 1,500円
アクアアドバンス / 各ドレスアップサーバー 約350円〜 1,500円
アクアスリム / アクアクレールS 約1,000円〜 1,000円

レンタル料が高い機種は省電力化が進んでいるようで、電気代込みで考えると良いサーバーを使うほうがお得かもしれません。

アクアクララの料金

アクアクララの料金は、ウォーターサーバーのレンタル料金とウォーターボトルの料金に別れます。

ウォーターサーバーは1,000円〜1,500円/月、ウォーターボトルは12リットル入りが1,200円、8リットル入りが1000円です。いずれも別途消費税が掛かります。ウォーターボトルは配送料無料で宅配してもらえます。

スーパーでペットボトル入りの水を買ってくるよりも高く付きますが、その分は重い水のボトルを家まで持って帰らなくてもよいことや、いつでもすぐに温水・冷水が使えることの利便性への対価ということでしょう。


ポット型浄水器との比較

じつは私、長年ブリタのポット型浄水器を愛用していまして、毎日の料理や飲み物を作る時には全部ブリタの水を使っています。

by カエレバ

ポット型浄水器はポット本体が2,000円〜3,000円、交換式のカートリッジが3個で3,000円程度で売られています。ポットは半永久的に、カートリッジは1個で約2ヶ月使えます。

我が家の例でいうと、毎日1リットルのポットを1〜2回程度補充することが多いので、1ヶ月の使用量は30〜60リットル程度、1年間だと360〜720リットル程度ということになります。

1年間の費用を比較してみましょう。

アクアクララ ブリタ
初期費用 0円 2,000円〜3,000円
ウォーターサーバーのレンタル料金 12,960円〜19,440円 0円
ウォーターボトルまたはカートリッジ 38,880円〜77,760円 6,000円
(合計) 51,840円〜97,200円 8,000円〜9,000円

結構な差になりました。

ブリタには加熱・冷却機能はありませんし、水のクォリティはアクアクララの方が良さそうな感じがします。価格差をその代価として納得できるかどうかがポイントになるのでしょう。

アクアクララとブリタ、それぞれの水のクォリティについては以下からご覧ください。

・ アクアクララ
http://www.aquaclara.co.jp/about/feature/

・ ブリタ
http://www.brita.co.jp/brita/jp-jp/cms/cpd_5.grid


本題のかっぱちゃんについて

アクアクララの新しいCMが始まっています。

品質篇

ポーター篇

シーン想起篇

とくに品質篇の表情がいちいちカワイイかっぱちゃんです。よかっぱ よかっぱ。


まとめ

  • おいしい水の宅配サービス アクアクララのサービスを紹介しました。
  • アクアクララの新CMキャラ・かっぱちゃんの破壊力を紹介しました。
  • 水の宅配サービスは、お店で買う水や家庭用の浄水器と比べてコストが掛かる傾向がありますが、専用の工場で作られるクォリティの高い水と、宅配や加熱・冷却機能付きのウォーターサーバーの利便性に優れています。導入される際はコストとメリットの比較をお忘れなく。