【11/17まで】キングジムの「ポータブック」が安売り中 -超コンパクトWindows 10 ラップトップ-

シェアする

Kingjim Portabook

キングジムの超コンパクトWindows 10 ラップトップ「ポータブック XMC10」がかなり安く手に入ります。

ポータブックの仕様のおさらいなども。


スポンサーリンク

キングジムのポータブック XMC 10が安い

キングジムの超コンパクトWindows 10 PC、ポータブック XMC 10がソースネクストで税別1万9,800円の送料無料で販売されています。2016年11月17日(木)までの期間限定です。

リンク:ソースネクスト eSHOP

ポータブックは8インチの液晶ディスプレイを備えたWindows PCで、Windows 10 Homeがプリインストールされています。

18mmピッチのまずまずタイプしやすいキーボードは左右に分割して折りたためるようになっており、キーボードを収納してディスプレイを閉じれば、底面積は8インチタブレットとほぼ同じサイズになります。
厚さも含めたサイズ感はA5のビジネス手帳レベルです。

インターフェースはUSB Type-Aポート、SDカードスロット、HDMIポート、VGAポートを備えていて、USBメモリーやメモリーカードを介したデータのやりとりや、新旧のプロジェクターへの接続にも困りません。

電源端子はmicroUSBで、出力が2Aあるモバイルバッテリーからの充電もできるので、外出先でのバッテリー管理も容易です。(もちろんACアダプターでの運用も可能です。)

仕様一覧は次のとおり。

項目 内容
OS Windows 10 Home 64ビット
CPU Intel Atom x7-Z8700
RAM 2GB
ストレージ 32GB
ディスプレイ 8インチ、1280 x 768ピクセル
カメラ Webカメラ 約200万画素
インターフェース USB Type-A x 1、HDMI、VGA、ヘッドセット
カードスロット SDカード
サイズ・重量 204 x 153 x 34mm、830g

プロセッサーはMicrosoftのSurface 3に採用されているのと同じものです。
メモリーとストレージはいずれもWindows 10を動かす環境としては最小限ですが、ビジネス用途で主に静的な資料を作成・閲覧するのには対応できるレベルです。

ストレージの少なさは、同梱の「Office 365 サービス」で提供される1TBのクラウドストレージ(OneDrive)で補えますし、SDカードをストレージとして活用する手もあると思います。

Office Mobileが付属しているので、Office文書(Word、Excel、PowerPoint)の閲覧と編集は可能ですが、用途によっては別途フル機能のOfficeを手に入れる必要があるかもしれません。


ポメラ(Pomera)との違い

最近リニューアルされた同じキングジムのテキスト入力専用マシン ポメラ(DM200)との違いは、ものすごくざっくり挙げると次のようにまとめられると思います。

  • Windows 10マシンか否か
    ポータブックはフル機能のWindows 10を搭載したWindowsマシン、ポメラは独自OSのテキスト入力に特化したマシンです。
    ポータブックはWindows用アプリケーションをインストールすれば様々な用途に対応できますが、ポメラはそういった部分を割り切ってテキスト書きに特化しています。

  • キーボードのサイズ
    ポータブックのキーピッチは18mm、ポメラは17mmで、サイズ的にはポータブックの方が余裕があります。(ちなみにデスクトップPCの一般的なキーピッチは19mmくらい)
    ポータブックは分割キーボードという機構のため、一般的なラップトップなどと比べるとキー入力の安定感に不安がありますが、実際の打ち心地はキーボード部に採用された金属フレームのおかげでかなりしっかりしています。

  • 本体の大きさ・重さ
    折りたたんだ状態の大きさは、ポータブックの方が幅が約6cm小さく、奥行きが約3cm大きく、厚みが約1.6cm大きいです。
    幅と奥行きはキーボードの折りたたみ機構の有無の差、厚みはVGAのような背の高いポートの有無やバッテリーサイズなどによるのだと思われます。
    重さはポータブックの方が250g重いです。

  • 起動の速さとバッテリーの持ち
    ポータブックはWindowsマシンなので、起動にはそれなりに時間が掛かりますし、バッテリー駆動時間の目安も5時間と短めで、ポメラが開くとすぐ起動して使い始められ、18時間もバッテリーがもつのとは正反対です。
    この点は製品の目指すところの違いとして受け入れて、用途に合った方を選ぶしかないでしょう。

テキスト入力に特化するのならポメラ、簡単な資料作成からプレゼンまで幅広く使いたいならポータブック、という使い分けになるでしょう。


1万9,800円のポータブックの購入手順

今回安売りが行われているのはソースネクストのオンラインストアです。
購入のためにはアカウントの作成が必要です。

難しいことはありませんが、念のため手順を残しておきます。

ソースネクストのストアを開いて下にスクロールすると「たためるパソコン」というのがあります。これがポータブックです。ここをクリック。
Kingjim Portabook - 1

ログインを求められるので、「マイページを作成する」をクリック。(もしも、すでにアカウントがあるなら、ログインして購入すればOKです。)
Kingjim Portabook - 1-2

メールアドレスを入力して「送信」。
Kingjim Portabook - 1-3

入力したアドレスにメールが届くので、リンクをクリック。
Kingjim Portabook - 1-4

アカウントの作成画面が表示されるので、氏名とパスワードを入力して「確認画面へ進む」。
Kingjim Portabook - 1-5

確認して「上記の内容で登録する」。
Kingjim Portabook - 1-6

以上でアカウントの作成は完了です。

あとは、通常のオンラインショッピングの要領で購入できます。
Kingjim Portabook - 2

以上、キングジムのポータブックがかなり安いという話でした。

リンク:ソースネクスト eSHOP
リンク:キングジム PORTABOOK