【朗報】Logicool MX Masterのカラバリ追加がうれしい

シェアする

Logicool MX Master

Logicoolの最高峰マウス「MX Master」に新色として「ネイビー」と「ストーン」が追加され、11月2日から発売になるそうです。

一度使ったらやめられない、使い勝手最高のMX Masterが延命しそうでうれしい限りです。


スポンサーリンク

Logicool MX Masterに新色追加

Logicoolから発売されているワイヤレスマウス「MX Master」は、スクロールホイールに独自のクラッチ機構を内蔵しています。ホイールをゆっくり回すとクリック感を伴って少しずつスクロールし、勢いをつけて回すとクリック感なしでものすごいスピードでスクロールします。2つのモードがホイールを回す勢いに応じて自動的に切り替わるところが画期的。

その他にも、親指で操作できるホイール「サムホイール」や、やはり親指で操作する「ジェスチャーボタン」など、普通のマウスにはない機構を備え、それらを自由度高くカスタマイズできることで、快適な作業環境を実現しています。

デスクワークには最適なマウス。それがMX Masterです。

MX Masterの魅力については、下記の記事で述べていますので、よろしければどうぞ。

【デスクワーク最強マウス】Logicool MX Masterの魅力
PCの出荷台数がどんどん減っているという調査結果を目にしましたが、社会人の方のお仕事や、学生さんでもレポート書きや込み入った調べものの場面ではPCがないと話にならないのは今も変わらないはずなので、ある程度のところで下げ止まるんじゃないかと楽観しています。 さて、PCで気合いを入れて作業しようとする場合、キーボードやマウスなどのインターフェースが快適かどうかによって、作業効率がぜんぜん違ってきます。 最近、個人的にデスクトップPCで作業する機会が多くなっていて、マウスをいくつか試していたのですが、やっぱりLogicool MX Masterが快適だということを再発見しました。

そんなMX Masterに新色のネイビーとストーンが追加されました。
Logicool MX Master new color

私は従来からあるブラックを使っていますが、もしも今買うならストーンを選びます。
理由は埃が目立たなそうだから。

MX Masterはホイール部分に滑り止めのゴム素材が使われていて、その部分に埃が付着しがちです。
ストーンモデルはこのゴムが明るい色のものになっているので、埃が目立たなそうです。
白いキーボードとの相性も良さそうですし。

さて、MX Masterの新色追加の何がうれしいかというと、LogicoolがまだまだMX Masterを作り続ける意思があるのがわかったことです。

先に書いた2つのホイールの動作が自動的に切り替わる機構を持つマウスは、2015年にMX Masterが登場するまでの約5年間、生産されていませんでした。
1万円以上もするマウスを生産し続け、売り続けるのは大変なことで、売れ行きが悪くなるとディスコンになってしまうのも仕方のないことです。

今回の新色追加でLogicoolは当分の間MX Masterを売り続けてくれることがわかりました。まさに朗報です。

ヨドバシAkibaのキーボード・マウスコーナーに行ってみると、通路の辻々にMX Masterのポップが貼られていて、高いマウスを何とか売ってやろうという意気込みを感じます。一度売ってしまえば高確率でリピーターになることが見込めるので、今のうちに信者を増やして、末永く高級マウスを作り続けてほしいと思います。

以上、Logicool MX Masterの新色追加の話でした。

新色は現在予約受付中。Amazonでもポイントが付くようです。