【高品位】MozoのLumia 950用レザーケースの構造と品質がよくわかる動画

シェアする

Mozo Accessories' Lumia 950/XL cover

Lumia用のクールなレザーケースを販売しているフィンランドのケースメーカー「Mozo Accessories」のLumia 950用レザーケースの動画が公開されています。

やっぱり超カッコいい。これがあるからLumiaを買うという人がいてもおかしくないくらい。


スポンサーリンク

WinBetaのMozo Lumia 950ケース開封動画

WinBetaがMozoのLumia 950用ケース4種類を開封・装着する動画を公開しています。

こちらです。

MozoのLumia 950用ケースは現在、在庫切れのプレオーダー中ですが、WinBetaではMozoから提供を受けた4種類のレザーケースを実際にLumia 950に装着してレビューしています。

パッケージは簡単に開封できるタイプで、レビュアーのオリバーさんによると「この手のパッケージは開けるのに原子力発電機つきのチェーンソーと怪我に備えた医療スタッフが必要なものだけど、Mozoのは簡単に開けられて最高」だそうです。同感。

カバーの内側にはワイヤレス給電「Qi」のための端子が備えられています。Mozoは純正の背面カバーと同じようにQiにも対応しているのですね。

側面は金属を真空蒸着されたポリカーボネート製で本物の金属のように見えるそうです。

背面は本物の皮革でMozoのロゴが型押しされています。

MozoのケースはMozoのサイトにもあるとおりMicrosoftからLumiaロゴを取得したもので、パッケージにもロゴがプリントされています。


ゴールド!ゴールド!

側面が金色の赤いケースに興奮して「イッツ・ゴールド!」と叫んでいます。

Lumia 950の背面カバーは工具なしで簡単に取り外せます。これはLumiaシリーズ伝統の構造です。

オリジナルのカバーを取り外し、代わりにMozoのケースをかぶせて4辺をしっかり押さえつけてカチッとはめこむと装着完了です。

Mozoのケースを装着した状態でも、Lumiaの液晶画面側の黒い部分がわずかに露出しています。
オリバーさんはこれを光沢のある黒がアクセントになっていて「すごくいい」と言われています。
たしかにカッコいいです。

ボタンはしっかりしていて、安いケースのように位置が甘いということも無いようです。押した感触も良好とのこと。

黒のカバーは同じタイプの2色(赤と白)よりもサラッとした感触。


オリジナルのカバーよりもすこーしだけ重い

Mozoのケースはオリジナルの背面カバーよりも若干重いそうです。ほんの少しだけです。

茶色のケースは他の3色と違って細かな型押しのないタイプで、高い財布に使われているような感じ。周囲に白いステッチがあります。
オリバーさん曰く「ファンタ~スティックで一日中触っていたいような感触」だそうです。

茶色のカバーは他の色のものと違って引っ掛かりがある素材のため、汚れが付きやすいかもしれないとのことです。
また、他の色のものより少し重いそうです。


このケースのためにLumiaが欲しい

今回紹介されたMozoのケースは4種類とも48.5ユーロ。

現在3~4週間待ちでプレオーダーを受け付けています。

Mozo Accessories 「Lumia phone cases online shop」
http://www.mozoaccessories.com/shop/

Lumia 950 XL用も同じ値段でオーダー受付中です。

日本への送料は14.9ユーロ。
合わせて8,000円オーバーですが、動画の映像とオリバーさんの興奮ぶりを見る限り、値段相応の価値はありそうです。