【発表】iOS 9の新機能のすごいところ

シェアする

iOS 9

WWDC 2015でiPhone、iPad、iPodの新しいOS,iOS 9が発表されました。

細かな改善をたくさん積み重ねたという印象です。

公式サイトの情報を拾ってみます。


スポンサーリンク

標準アプリがすごい

News

ニュースサイトまとめ読みアプリ。
CNN、ESPN、WIRED、Bloombergなどのメジャーソースからインディーなものまで。ビジネスからスポーツまで。幅広く取り揃えている模様です。

Flipboard大丈夫かな?

Notes

Evernoteのアップル版。

やっと出たかという感じです。
これまでの「メモ」とは比べ物にならないほどの多機能化を果たしています。

いろんなアプリから地図やURLやPagesのドキュメントを貼り付け可能となっており、あちこちに貼り付けた添付情報は一箇所にまとめてブラウズできることで「あの情報どこにやったっけ?」というときに探すのが簡単になっています。

メモ内にチェックマークを並べられるのでチェックリストを簡単に作ることができます。
さらにNotesアプリで写真を撮ることもできます。
ノート上に手書きすることも可能。

これに合わせて、Mac OS X El Capitanの「メモ」アプリもパワーアップします。

作ったメモをWindowsなど他のOSのデバイスからiCloud.com経由で参照・編集できるのかは現時点では不明です。

Maps

地図アプリが進化します。

iOS 9 Maps

Mapsによる道案内に公共交通機関の経路案内が追加されます。
また、あらかじめMacでルートを決めておいて、外出時にiPhoneやApple Watchでそのルート案内を受けることができます。

アプリ上に近隣のスポット、お店、レストランなどのガイドが表示されるようになります。

Wallet

日本では使いみちのないWallet。

iOS9 Wallet

Apple Payで使えるカードが増えるなどしています。日本上陸はいつでしょうか?

CarPlay

CarPlay対応の自動車と無線通信して、自動車の画面などを利用してナビや音楽再生やハンズフリー電話などができるものです。

CarPlay自体は昨年からちょぼちょぼ話題になっていましたが、まあこれからということでしょう。


iPadがマルチタスクに対応

iPadのマルチタスク対応は「Slide Over」「Split View」「Picture in Picture」の3つです。

iPad Split View
iPadのSplit View

「Slide Over」はアプリ画面を表示しつつ、画面の一部で別のアプリを表示して操作できる機能。その間、元のアプリは操作できない模様です。

「Split View」はiPadの画面を2つに分割して、それぞれに別のアプリを表示して同時に操作できる機能。iPad Air 2でのみ可能です。

「Picture in Picture」はFaceTimeの通話中やビデオを見ている時にiPadのホームボタンを押すと、通話やビデオが画面の端に縮小表示されて、他のアプリを使いながら同時に見られるという機能です。これは便利。


iPadのキーボードが進化

キーボードの機能アップ。「Shortcut Bar」「Easy text selection」「Keyboard shortcuts」の3つです。

「Shortcut Bar」はオンスクリーンキーボードにアプリごとに機能を追加できる仕組み。テキストをボールドにしたり斜体にしたり下線を引くボタンや、コピペのボタンを置くことができます。

「Easy text selection」はテキスト入力中の簡易マウスカーソルのような機能。画面の任意の場所を2本指で操作するとカーソルが移動して、テキストの選択、編集、移動がやりやすくなります。

「Keyboard shortcuts」は外付けのワイヤレスキーボードのCommandキー、Optionキー、Controlキーなどを使ってアプリの切り替えや検索画面の呼び出しなどをできる機能。アプリ独自のショートカットを作ることも可能です。


Siriの強化

iOS 9 Search

Siriに日付、場所、アルバムのタイトルなどを指定して写真やビデオを検索させることができるようになります。

また、何かの作業を中断してあとで続きをやりたいときに「これについて今夜リマインドして」とSiriに指示しておくと、指示通りにリマインドしてくれるようになります。かしこい。


検索画面の強化

ホーム画面を下にスワイプすると表示される検索画面に調べたいことをタイプしたときに、Siriの検索機能を使ってより高度な検索結果が表示されるようになります。

また、検索窓に何も入力しない状態でも、よく連絡を取る人や、よく使うアプリや、近くのお店や、今いる場所にちなんだニュースなどが表示されなど、ポータルとして機能するようになります。


やりたいことを先取り

普段の使い方に応じて、あなたがやりたいことをiOSが先回りして準備してくれるようになります。

たとえば…

  • ヘッドフォンを接続したらiOSは聞きかけのPodcastの続きを聞こうとしていると判断する
  • Bluetoothで車と接続されたら家へ帰るときようにお気に入りのプレイリストを提案する
  • メールや予定表に人の名前を入力し始めたら、そのメンバーにいつも含まれる人のリストを表示して入力を簡単にする
  • よく使うメールのタイトルとか予定のタイトルなどからメールの送り先やイベントの招待先の候補をリスト表示する
  • 飛行機やレストランの予約確認メールを受け取ると自動的に予定表に追加する
  • カレンダーの予定に場所の情報が入っていたら、何時に家を出なきゃいけないかを交通の状況を踏まえて教えてくれる
  • 知らない番号から電話が掛かってきた時に、過去に受け取ったメールにその番号が書かれていたら「たぶん○○さん」と表示してくれる
  • メールに連絡先が書かれていてその人がアドレス帳に載っていなかったら自動的にアドレス帳に追加してくれる

まともに使えたら便利そうです。


バッテリーが長持ちするようになる

たとえばiPhoneをうつ伏せに置かれているときはメッセージが届いても画面をオンにしないというような制御をしてバッテリーの消費を抑えることで、バッテリーが長持ちするようになるというものです。

「1 hour OF ADDITIONAL TIME BEFORE CHARGING」(1時間余分に動作するようになる)と書いてあります。ホントか!?


新しいグラフィックAPI「Metal」によるパフォーマンス改善

CPUとGPUの処理効率が上がって、スクロールやアニメーションやその他全般的にパフォーマンスが改善します。


セキュリティの改善

パスコードが6ケタに

Touch ID対応のiPhoneとiPadでは、これまで4ケタだったパスコードが6ケタになります。

ちょっと面倒になるけどたぶん良い判断。

2段階認証の導入

新しいブラウザーやデバイスからApple IDアカウントにアクセスしようとすると、確認コードの入力を求められるようになります。

確認コードは登録されている別のアップル製デバイスに表示されるか、携帯電話に送信されます。


Androidからの乗り換えが簡単に

乗り換え用のAndroidアプリが提供され、アドレス帳、メッセージアプリの履歴、写真、ビデオ、ブックマーク、メールのアカウント、予定表、壁紙、DRMの掛かっていない音楽や本をiPhoneに移行できます。

また、Androidで使っていたアプリのうち無料のもの(でApp Storeにもあるもの)はApp Storeでおすすめとして表示され、有料のものはiTunesのウィッシュリストに登録されます。


まとめ ~改善項目盛りだくさんでインストールするのが楽しみ

盛りだくさんの改善項目ですが、個人的にはやりたいことを先読みしてくれる機能に期待しています。

最初から使い物になるかどうかはわかりませんが、これぞ未来という機能で期待が高まります。

iOS 9はiPhone 4s以上のiPhone、iPad 2以上のiPad、第5世代以上のiPod touchで使用可能で、2015年秋にダウンロード可能になります。

Apple Press Info「Apple Previews iOS 9」
http://www.apple.com/pr/library/2015/06/08Apple-Previews-iOS-9.htmlK/a>