【比較】iPhone SEの防水性能はiPhone 6sやiPhone 5sと比べてどうなのか?

シェアする

iPhone SE 2

iPhone SE、iPhone 6s、iPhone 5sを水中に1時間沈めたあと、ちゃんと動作するかテストする動画が公開されています。

この動画では、iPhone SEはiPhone 6sと同じレベルの水没試験に耐えています。


スポンサーリンク

iPhone SE、iPhone 6s、iPhone 5sを水没させる動画

問題の動画はZach StraleyさんがYoutubeに投稿したものです。

内容はiPhone SE、iPhone 6s、iPhone 5sを水を張った深めのタッパーに沈めて、5分後、15分後、30分後、1時間後にそれぞれの動作を確認するというものです。

この動画によると、iPhone SEは1時間水没させたあとでも、パワーボタン、ホームボタン、画面の操作、音声の再生、カメラ、充電、ヘッドフォンジャックがすべて正常に機能しています。

対するiPhone 5sとiPhone 6sですが、iPhone 5sはテスト開始5分後に早くもディスプレイの表示が怪しくなってすべての操作を受け付けなくなり、iPhone 6sは一時的にヘッドフォンジャックの動作が怪しくなったものの最終的にはiPhone SEと同じレベルで動作するようになりました。

動画の紹介文でZachさんが書かれていますが、iFixitの分解レポートによるとiPhone SEにはiPhone 6sや6s Plusのような接着剤は使われていないようで(つまり防水性能はiPhone 5sと大きく違わないはず、と言いたいのだと思います)、なぜiPhone 5sだけがあっさり動かなくなったのかは謎とのことです。

iFixitのiPhone SE分解動画

iFixit 「iPhone SE Teardown 」
https://www.ifixit.com/Teardown/iPhone+SE+Teardown/60902

iPhone 5sと構造が大して変わらない以上、iPhone SEも5分でお陀仏になる可能性があるわけで、Zachさんの動画を見て「1時間は大丈夫」とか思わないほうが良さそうですね。

余談ですが、高速道路をバイクで走っていたら突然雨が降ってきて、ポケットに入れていたiPhone 4がずぶ濡れになって動かなくなったけど、乾かしたら復活したという経験があります。ヘッドフォンジャックから水がだばーっと出てきたときは泣きそうになりました。

リンク:iPhone SE(ソフトバンク)
リンク:iPhone (NTT docomo)
リンク:iPhone SE(au)