Samsung Galaxy S8 / S8+ SIMフリー版の仮注文/予約受付が開始

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 276
Samsung Galaxy S8

Samsungの最新・最強スマホ「Galaxy S8 / S8+」が発表されて少し経ちましたが、早くもSIMフリー版の仮注文/予約注文の受付が始まりました。

価格も納期も未定ですが、とりあえず唾つけておくと良いかもしれません。


スポンサーリンク

Galaxy S8 / S8+ の仮注文/予約注文の受付開始

Galaxy S8 / S8+の仮注文/予約注文の受付を始めたのは、海外SIMフリースマホを日本向けに発送してくれるエクスパンシスiconイートレンです。

エクスパンシスiconではS8、S8+ともに「ミッドナイトブラック」「オーキッドグレー」「コーラルブルー」「アークティックシルバー」の4色がラインアップされています。

一方のイートレンでは、S8のみで、色も3色だけですが、エクスパンシスiconにはない「ゴールド」(メイプルゴールドだと思われます)が含まれています。

どちらも価格は未定。納期も未定です。


仮注文/予約は無料でキャンセル可能

エクスパンシスiconの仮注文もイートレンの予約も、価格が決まって納期の目安がわかった時点で、あらためて購入の意思確認が行われます。

その時点で「やーめた」と言っても、キャンセル料などは取られませんので、安心して申し込みできます。

値段や納期を確認してから、お得な業者で手に入れれば良いので、消費者としてはたいへんありがたい仕組みです。

なお、エクスパンシスiconでは仮注文の場合に限りPayPalでの支払いができない点に注意が必要です。


エクスパンシスとイートレンの価格の違いについて

エクスパンシスiconイートレンでは、価格の表記や送料・消費税の扱いに違いがあります。

エクスパンシスは円建て・7万円以上は送料無料・消費税が別途必要

エクスパンシスiconの料金表示は日本円で、実際の支払いも円建てで行います。このため、急な為替変動の影響を受けにくいという安心感があります。

また、7万円以上の商品は送料無料で発送してくれます。通常1,400円程度の送料が無料になるのはお得。

一方で、表示価格以外に日本の消費税が掛かります。
消費税の額は[商品価格 × 0.6 × 消費税率(8%)]で計算され、商品の受け取り時などに別途支払います。

Galaxy S8 / S8+の場合、当初の商品価格が7万円を超えるのはまず間違いないので、商品価格と消費税の合計が支払い金額になると考えておけば良いでしょう。

イートレンは米ドル建て・送料あり・消費税込み

イートレンの料金表示はサイト上のUIで切り替えができますが、決済は米ドル建てで行われます。決済時の為替レートによって円に換算した支払額が若干変動するということです。

また、送料が必要です。Fedexで18ドル掛かるようです。

その代わり、エクスパンシスiconでは別途支払いが必要な消費税が、イートレンでは表示価格にあらかじめ含まれていますので、面倒な計算が必要ありません。

商品代金と送料の合計に為替レートを掛けた金額が支払い金額ということになります。


Galaxyのフラッグシップは品薄が予想されます

Galaxy S7 / S7 edgeのときもそうでしたが、GalaxyシリーズのフラッグシップのSIMフリーモデルは、発売直後に大量に売れて、しばらく在庫がなくなることが多いです。

日本のキャリアからの発売は当分先になりそうですし、いち早く手に入れるには仮注文/予約を入れておくのが安心だと思われます。狙っている方はお早めに。

というわけで、Samsung Galaxy S8 / S8+ の仮注文/予約受付が始まった話でした。

リンク:Samsung Galaxy S8 / S8+(エクスパンシス)icon
リンク:Samsung Galaxy S8(イートレン)