【タイムセール】QNAPのNASキット Turbo NAS TS-231が安い

シェアする

QNAP TS-231

QNAPのNASキット Turbo NAS TS-231がタイムセールで安くなっています。

HDDを2台内蔵できるので、2台のHDDでRAID 0を組んで読み書きを速くしたり、RAID 1でHDDの故障に備えたりできます。

普通の外付けHDDよりも高くつきますが、その差はNASならではの便利さと安心感で十分補えます。


スポンサーリンク

QNAP Turbo NAS TS-231が安い

QNAP Turbo NAS TS-231のタイムセールはAmazonで行われています。

リンク:QNAP NAS TS-231 デュアルコア1.2GHz CPU 512MBメモリ 2ベイ 2年保証 多機能NASキット

本日23時まで。15台限定で、すでに何台か売れています。

TS-231は普段でもだいたいAmazonが最安値で販売していますが、今日のタイムセールではそこからさらに1,400円以上安く売られているので、NASキットを狙っている方にはチャンスではないでしょうか。


NASのありがたみ

NAS(Network Attached Storage)はその名のとおりネットワークに直接接続する記憶装置で、PCなどからネットワークドライブとして参照することができます。

PCにUSBなどで直付けする記憶装置と異なり、そのPCが稼働していなくても利用でき、またネットワーク内の他のPCなどからも参照できます。

メディアサーバー機能を持つものが一般的で、動画や音楽や写真のファイルを保存しておいて、DLNAクライアント機能を持ったテレビやスマホ・タブレットでそれらを再生することもできます。

私も以前QNAPのNASキットを使っていましたが、DLNAサーバー機能やiTunesサーバー機能はとても便利でした。

また、HDDを2台搭載できる機種の場合、2台を合わせた大容量のドライブとして使うほかに、データを2台に分散させる(RAID 0)ことで読み書きを速くしたり、2台に全く同じデータを書き込んで(RAID 1)HDDの故障に備えることができます。

HDDというものはいつか必ずぶっ壊れますが、一般家庭では壊れる前に「2年経ったからそろそろ新しいのに交換しよう」とはなかなかならないものです。
デジタルデータは場所も取らず扱いも簡単で非常に便利ですが、保存先のHDDが故障したら根こそぎなくなってしまう危険といつも隣り合わせです。

大切なデータはRAID 1構成のNASに保存しつつ、OneDriveやDropboxなどのクラウドストレージにもアップロードしておくと安全です。


QNAPのNASキットはクラウドストレージとの連携がわりと手厚い

多くのNASキットにはNAS上で動作するアプリケーションによって機能を追加できるという特長があります。

QNAPの場合、QNAP Cloud Drive Syncというアプリを使えば、Google Drive、Dropbox、OneDrive、OneDrive for Business、hubiCといったクラウドストレージサービスにNAS上のファイルをアップロードしたり、NAS上のフォルダーととクラウドストレージ上のフォルダーを同期することができます。

QNAP Cloud Drive Sync

こういった機能は一部の他社のNASキットでも提供されていますが、クラウドストレージ対応についてはQNAPは比較的手厚いグループに入ると思います。


DTCP-IP経由のコンテンツのダビングには対応しない

ファイルサーバーやメディアサーバーとしては基本的な機能を押さえているTS-231ですが、最近対応機種が増えてきたDTCP-IPによるコンテンツのダビングやムーブには対応していません。

デジタル放送をテレビにつないだブルーレイレコーダーやHDDに録画した場合、録画した番組は回数制限つきで他の機器にダビングすることができます。地上デジタル放送の多くの番組では10回、WOWOWのような有料放送は1回だったりします。

ダビングはDTCP-IPという規格に対応した機器同士でしかできないようになっています。
NASキットもCPUなどのスペックに比較的余裕がある機種ではDTCP-IPに対応していますが、今回セールになっているTS-231は非対応です。

レコーダーのHDDはすぐに一杯になってしまうのでどこかへ番組を逃がせれば助かりますが、NASがその役割を担ってくれるととてもありがたい。
上位機種のTS-231+では対応しているので、レコーダーがパンパンで困っている方は、少し高くなりますがTS-231+を選んだ方が幸せになれます。

リンク:QNAP TurboNAS デュアルコア1.4GHzCPU 1GBメモリ 2ベイ 2年保証 DTCP-IP対応NAS TS-231+


別途HDDドライブが必要

NASキットにはHDDドライブは含まれていませんので別途用意する必要があります。

通常、NASは24時間・365日電源を入れっぱなしです。そういった長時間の運用に適したNAS用HDDというものが売られています。

容量によって値段は変わりますが、容量当たりの単価は3TBのものが最も安いです。

リンク:WD HDD 内蔵ハードディスク 3.5インチ 3TB Red WD30EFRX / 5400rpm / SATA 6Gb/s / 3年保証
リンク:HGST(エイチ・ジー・エス・ティー) Deskstar NAS 3TB パッケージ版 3.5インチ 7200rpm 64MBキャッシュ SATA 6Gb/s 【3年保証】 0S03663

NAS用じゃないHDDももちろん使えますので、価格重視ならより安い機種を選ぶ手もありますが、価格差はそれほど大きくありません。

以上、QNAPのNASキット Turbo NAS TS-231のタイムセールの話題でした。

リンク:QNAP NAS TS-231 デュアルコア1.2GHz CPU 512MBメモリ 2ベイ 2年保証 多機能NASキット