選挙カーを使わないと30万円くらい節約できる上に宣伝にもなる

シェアする

レンタカーに看板と音響装置を取り付けた選挙カー1台のレンタル料金は1週間で約30万円。そのうち約11万円が公費で負担され、候補者の持ち出しは約19万円です。(レンタル料金と公費負担額はレンタル業者と選挙の内容や自治体により異なります)

選挙カーを使わないと新聞に記事が出て知名度が上がるという効果もあります。
Japan Times「Chiyoda Ward candidate swears off campaign vans」