【スタイラス】Samsung Galaxy Note 7発表. 8月19日発売.

シェアする

Samsung Galaxy Note 7

Samsung Galaxy Note 7が発表されました。

機能、性能ともにGalaxy S7 edgeをほぼ包含するスペック。金に糸目を付けないならば、もうGalaxy S7 edgeを選ぶ理由はないかもしれません。

スタイラス最高。


スポンサーリンク

Samsung Galaxy Note 7とGalaxy S7 edgeの仕様を比較

Galaxy Note 7発表に関する各メディアの記事をいくつか読み、Samsungのウェブサイトをざっと流し読みする範囲では、Galaxy S7 edgeに非常によく似たモデルという印象を受けました。

そこで、両社のスペックを表にして比較してみると次のようになります。

Galaxy Note 7 Galaxy S7 edge
OS Android 6.0 Android 6.0
プロセッサー Snapdragon 820 or Exynos 8890 Snapdragon 820 or Exynos 8890
ディスプレイ 5.7インチ 2560 x 1440ピクセル 5.5インチ 2560 x 1440ピクセル
RAM 4GB 4GB
ストレージ 64GB 32GB
メモリーカード microSD(最大256GB) microSD(最大200GB)
カメラ フロント:5Mピクセル、リア:12Mピクセル フロント:5Mピクセル、リア:12Mピクセル
ワイヤレス IEEE802.11a/b/g/n/ac、Bluetooth 4.2 IEEE802.11a/b/g/n/ac、Bluetooth 4.2
バッテリー 3,500mAh 3,600mAh
防塵・防水 IP68 IP68
サイズ・重量 153.5 x 73.9 x 7.9mm 169g 151 x 73 x 7.7mm 158g
その他 ペン入力対応(ペン内蔵)、USB Type-Cポート、虹彩認証

Galaxy Note 7はGalaxy S7 edgeよりほんの少しだけ大きくて、バッテリー容量が若干少なく、内蔵スタイラスによるペン入力に対応していて、USBポートがType-Cに変わっている。そういう機種だとわかります。


ペン入力といえばGraffiti

上のスペック表からわかるとおり、Galaxy Note 7はGalaxy S7 edgeのサイズ・機能・性能をほぼそのままに、スタイラスによるペン入力に対応しています。

きっとお値段はGalaxy S7 edgeよりも高くなるはずなので、その分のメリットがなければいけません。

で、Galaxy Note 7の最大の特徴はやっぱりペン入力です。
この部分に価格差なりの価値があればいいのです。

スティーブ・ジョブズは自分がいないAppleからリリースされたNewtonを見て「ペン入力なんかだせぇ(意訳)」と一蹴したそうですが、ペンを持って操作することさえ厭わなければペン入力はかなり快適です。

まず、ペンと指とではタップの正確さが違います。
iOSでもAndroidでも、文字を選択してコピーやカットする操作はなかなか狙った通りにいかずイライラするものですが、スタイラスを使えば簡単です。
また、細いペン先なら高い精度で一点をポイントできるので、ボタンその他のコントロールを小さくできて、画面を有効に使えます。

次に、文字入力の仕方が変わります。
一般的な手書き入力ができるのはもちろん、Graffiti Pro for Androidをインストールすればあの懐かしいPalmのGraffitiを快適に使うこともできます。Graffiti Pro for Android は日本語入力にも対応しています。

Google Play 「Graffiti Pro for Android」
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.access_company.graffiti_pro&hl=ja

アルファベット・数字・記号をすべて一筆書きで入力できる「Graffiti」は、最初にほんの少しだけ練習がいりますが、ルールは単純ですぐに覚えられるし、一度覚えてしまえば非常に安定して文字を入力し続けられる優れた入力方法です。
単純なので入力ミスがないのがとても良いのです。


GIFアニメを簡単に作れるらしい

Samsungの独自アプリの機能だと思いますが、動画からGIFアニメを簡単に作る機能があるようです。

Samsung Galaxy Note 7 - GIF animation
Samsung Galaxy Note 7

撮りっぱなしの動画ファイルは容量が大きいので、メールで動画を送ったりSNSに動画を投稿したりすると、受け手の通信環境によっては迷惑になることがありますが、GIFアニメにすればサイズが激減するのでパケット代に優しいです。

ちょうどLINEアプリもGIFアニメに対応したところですし、タイムリーな機能だと思います。

Internet Watch 「LINE、GIFアニメの送受信に対応、5周年でロゴタイプ刷新も」
http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/1012887.html


850ドル前後で8月19日に発売

Galaxy Note 7はアメリカで8月3日から予約受付が始まり8月19日に発売されます。価格は850ドル前後だそうです。カナダは予約なしで8月19日発売。
ヨーロッパは8月16日に予約受付開始、9月2日に発売。

例によって日本での発売時期や価格はさっぱりわかりません。
というか、Galaxy S7 edgeとオーバーラップする部分が多いため、Galaxy Note 5と同じように日本のキャリアにはスルーされる可能性が高いのではないかとも思います。

エクスパンシスやETORENから個人輸入することになりそうな予感。

リンク:Samsung Galaxy Note 7(日本語)
リンク:エクスパンシスicon
リンク:ETOREN