【SIMフリー】Samsung Galaxy S7 edge バットマン仕様をau以外で使いたい

シェアする

Galaxy S7 edge Injustice Edition

Samsung Galaxy S7 edgeのバットマンをモチーフにした限定モデル「Galaxy S7 edge Injustice Edition」の予約が間もなく始まります。

「Galaxy S7 edge Injustice Edition」は日本国内ではauの独占販売になるそうです。

すでに海外で売られているSIMフリー版ならau以外のキャリアでも使えるはず。


スポンサーリンク

Samsung Galaxy S7 edge Injustice Edition とは

Galaxy S7 edge Injustice EditionはGalaxy S7 edgeをベースにいくつかの変更を行ったものです。

公式開封動画がこちらです。

動画からわかる変更点は次のとおりです。

  • 専用化粧箱
    本体と付属品が収められる化粧箱はInjustice Edition専用品です。
    謎のコウモリ型のプレートも入っています。

  • 専用外装
    ボディ色は標準版にもあるブラックオニキスがベースですが、ホームボタンやカメラ回りの縁取りにゴールドがあしらわれた専用外装となっています。
    背面にはバットマンエンブレムも!

  • 専用保護ケース
    バットマンのごつごつしたコスチュームをモチーフにした保護ケースが同梱されています。

  • Gear VR(VRヘッドセット)同梱
    Galaxyを取り付けることでVR体験ができるヘッドセット「Gear VR」が同梱されています。
    通常版はサイドの色が白ですが、Injustice Editionに同梱されるものは黒になっています。

  • 専用UIテーマ
    黒とゴールドを基調にした専用テーマが用意されます。

  • バットマンが登場するゲーム「Injustice: Gods Among Us」のゲーム内クレジット
    バットマンやDCコミックスのキャラクターが登場する格ゲー「Injustice: Gods Among Us」のゲーム内クレジット100ドル分が付属します。


国内ではKDDI(au)が独占販売

DCコミックスファンには刺さるかもしれないInjustice Edition、国内ではKDDIの独占販売となることがわかっています。

KDDI ニュースリリース 「●国内ではauのみ!「Galaxy S7 edge」の限定モデルとしてバットマンをモチーフとした「Galaxy S7 edge Injustice Edition」が登場」
http://news.kddi.com/kddi/corporate/newsrelease/2016/05/31/besshi1831.html#d_03

auのオンラインショップで100台限定。本体背面には1から100のシリアルナンバーが刻印されるそうです。

価格は税込14万3,640円です。専用外装と専用色のGear VR同梱とはいえ、なかなかのお値段です。


au以外でInjustice Editionを使いたい場合

au版のGalaxy S7 edgeはSIMロックによってauのSIMでしか使えません。

購入から180日以上経過すればSIMロックは解除できますが、Samsungのサイトに掲載されているスペック表によるとau版とドコモ版では仕様が異なり、対応するネットワークに差があることがわかります。

Samsung 「Galaxy S7 edge SVC33 スペック」(au版)
http://www.samsung.com/jp/consumer/mobilephone/smartphone/au/SM-G935JZWAKDI#spec

Samsung 「Galaxy S7 edge SC-02H スペック」(ドコモ版)
http://www.samsung.com/jp/consumer/mobilephone/smartphone/docomo/SM-G935DZWADCM#spec

SIMロック解除したau版がドコモ(ドコモ系MVNO含む)やSoftbankのSIMで使えるのかはよくわかりません。

ならいっそ海外版はどうかと調べたところ、こちらのInjustice EditionのベースになっているG935FDを国内で(ドコモとSoftbankのSIMで)使われている方がいるようです。

Galaxy S7 edge Injustice Edition on Etoren

販売しているのはETORENというお店で、日本語のサイトで、海外のSIMフリー端末を日本向けに発送してくれます。
ETORENは本体価格に国内の消費税を含んで表示しているので、サイトでの支払い時に表示されている金額が支払い総額となり、個人輸入に慣れていない人にもわかりやすいのが特徴です。

また、決済が米ドルで行われることから、円高の効果をすぐに享受できるというメリットもあります。

そんなわけで、au以外でGalaxy S7 edge Injustice Editionを使いたい場合は、海外版を手に入れるのが手っ取り早そうだという話でした。

リンク:(Injustice Edition) Samsung Galaxy S7 Edge Dual SIM G935FD 4G/LTE 32GB 【SIMフリー】(ETOREN)