【Surface Pro 4】Intel Skylakeプロセッサーにハングアップの原因となりうるバグ. BIOSアップデートで修正予定.

シェアする

Intel Skylake

Surface Pro 4などに採用されているIntelの第6世代Coreプロセッサー「Skylake」にハングアップの原因となりうるバグが見つかりました。

すでに原因は特定されていますが、修正されたBIOSは各ハードウェア・メーカーからの配布になるようなので、注意が必要です。


スポンサーリンク

Intel Skylakeプロセッサーにバグ

IntelのSkylakeプロセッサーにバグが見つかりました。

Ars Technicaによると、このバグは複雑な計算を行っている状況で発現し、フリーズやシステムの予想外の動作の原因になりうるとのことです。

「複雑な計算を行っている状況」の例として、PCのベンチマークなどでも使われる素数発見ソフト「Prime95」を動作させた場合が挙げられています。

Ars Technica 「Intel Skylake bug causes PCs to freeze during complex workloads」
http://arstechnica.com/gadgets/2016/01/intel-skylake-bug-causes-pcs-to-freeze-during-complex-workloads/

このバグについてIntelへの通報が行われ、Intelではすでに原因を特定して修正を終えたとのことです。

修正はBIOSアップデートとして配布されます。現在Intelはハードウェア・メーカーとBIOSの配布について作業中。

Surfaceの場合は自動的にBIOSアップデートが適用されそうですが、その他のメーカーのPCや自作PCのアップデートは手動になる可能性があるので、適当な時期にハードウェア・メーカーのウェブサイトをチェックするなどしたほうが良さそうです。