【朗報】Surface Pro 4とSurface Bookの値下げとキャッシュバックと次期モデルの発売時期について

シェアする

SurfaceBook and Surface Pro 4

MicrosoftがSurface Pro 4とSurface Bookの国内販売価格を改定しました。
1万2,000円から2万5,000円の値下げです。

また、これまで期間限定で提供されてきた学生向けの割引を常時実施するよう変更し、いつでも最大4万2,000円のキャッシュバックを受けられるようになりました。

学生以外の方でも、Surfaceドックとの同時購入で1万円のキャッシュバックを受けられるキャンペーンが行われています。

いろいろ合わせると、これまでよりもずいぶんお得にSurfaceシリーズを手に入れられます。

次期モデル発売を控えてSurfaceシリーズを安く手に入れる最後のチャンスかも。


スポンサーリンク

Surface Pro 4とSurface Bookの価格改定と学割の定常化

日本マイクロソフトは7月15日付でSurface Pro 4とSurface Bookの価格改定を発表しました。

マイクロソフトストアでの販売価格は次のように変更されました。

モデル 旧価格 新価格 値下げ幅
Surface Pro 4(Core M) 13万4,784円 12万1,824円 1万2,960円
Surface Pro 4(Core i5 / 4GB / 128GB) 15万984円 13万4,784円 1万6,200円
Surface Pro 4(Core i5 / 8GB / 256GB) 19万4,184円 17万2,584円 2万1,600円
Surface Book(Core i5 / 8GB / 128GB) 22万1,184円 20万664円 2万520円
Surface Book(Core i5 / 8GB / 256GB / dGPU) 26万9,784円 25万6,824円 1万2,960円
Surface Book(Core i7 / 8GB / 256GB / dGPU) 29万1,384円 27万3,024円 1万8,360円
Surface Book(Core i7 / 16GB / 512GB / dGPU) 37万2,384円 34万5,384円 2万7,000円

さらに、これまで期間限定で行われていた学生向けのキャッシュバックを「学生優待プログラム」として常時実施するように変更しました。

学生優待プログラムでのキャッシュバック金額は次のとおりです。

モデル 学生優待プログラムの
キャッシュバック金額
Surface Pro 4(Core M)+
Surface Pro 4タイプカバー
1万円
Surface Pro 4(Core i5 / 4GB / 128GB)+
Surface Pro 4タイプカバー
1万2,000円
Surface Pro 4(Core i5 / 8GB / 256GB)+
Surface Pro 4タイプカバー
2万円
Surface Pro 4(Core i7 / 8GB / 256GB)+
Surface Pro 4タイプカバー
2万3,000円
Surface Pro 4(Core i7 / 16GB / 256GB)+
Surface Pro 4タイプカバー
2万5,000円
Surface Pro 4(Core i7 / 16GB / 512GB)+
Surface Pro 4タイプカバー
3万円
Surface Pro 4(Core i7 / 16GB / 1TB)+
Surface Pro 4タイプカバー
4万円
Surface Book(Core i5 / 8GB / 128GB) 2万2,000円
Surface Book(Core i5 / 8GB / 256GB / dGPU) 2万5,000円
Surface Book(Core i7 / 8GB / 256GB / dGPU) 2万8,000円
Surface Book(Core i7 / 16GB / 512GB / dGPU) 3万5,000円
Surface Book(Core i7 / 16GB / 1TB / dGPU) 4万2,000円
Surface 3(64GB / Wi-Fi)+
Surface 3タイプカバー+
Surfaceペン
8,000円
Surface 3(128GB / Wi-Fi)+
Surface 3タイプカバー+
Surfaceペン
1万円
Surface 3(64GB / LTE)+
Surface 3タイプカバー+
Surfaceペン
1万円
Surface 3(128GB / LTE)+
Surface 3タイプカバー+
Surfaceペン
1万2,000円

さらにさらに、学生以外の方はSurfaceシリーズとSurfaceドック(Surface Pro 4とSurface Book)またはSurface 3 ドッキングステーション(Surface 3)の同時購入で1万円がキャッシュバックされるキャンペーンが行われています。
こちらは9月30日までの期間限定です。

値引きとキャッシュバックでSurfaceシリーズが全体的に手が届きやすくなっています。

Surface Pro 4の8GB/128GBモデルにタイプカバーとSurfaceドックをセットしたものが、一般の方にも学生さんにもお買い得のように見えます。

キャッシュバックや学生優待プログラムの詳細はマイクロソフトストアで。


Surfaceのモデルチェンジが近い

今回の価格改定は市場で好調を保っているSurfaceシリーズの勢いを次のモデルの発売まで持続させるための施策だと思われます。

先日発表されたICT総研のレポートによると、Surfaceシリーズを含むWindowsタブレットの所有率は4.8%でiPadシリーズの15.1%、Androidタブレットの13.4%よりも低いものの、Surface所有者の満足度は80.3%とiPadシリーズを抑えてトップの値を叩き出しています。

ICT総研 「2016年度 タブレット端末に関する市場動向調査」
http://ictr.co.jp/report/20160628.html

Surface以外のWindowsタブレットの満足度が65.5%と低いのを見ると、Surfaceがキーボードを取り付けて2-in-1デバイスとして使えることと、タブレットとしては非常に強力な処理能力を備えていることが満足度向上に寄与しているのではないかと思われます。

しかし、これまでSurfaceシリーズがほぼ独占してきた2-in-1デバイスの市場には、SamsungのGalaxy TabPro S、ASUSのTransformer 3 Pro、そして先日国内でも発売されたHuaweiのMateBookといった強力なライバルが登場しており、Surfaceもうかうかしているとシェアを奪われる恐れが出てきています。

【強力】Windows 10を搭載したGalaxy TabPro Sは薄くて軽くてキーボードカバーも付属してCore Mプロセッサー採用
SamsungがCES 2016でWindows 10を搭載した2-in-1タブレットを発表しています。 Intel Core Mプロセッサーを搭載して薄型でキーボードカバーが付いている。ってSurface Pro 4と完全に競合してる! 両者を比較します。
【Computex 2016】ASUS Transformer 3 ProとSurface Pro 4の比較
Computex Taipei 2016でASUSがいろいろ発表しまくっています。 ZenFone 3シリーズや謎のロボットZenboも気になりますが、ここではMicrosoft Surface Pro 4のライバルになりそうなTransformer 3 Proを取り上げます。 Surface Pro 4を研究し尽くして作られたTransformer 3 Proの魅力とは。
【発売】HUAWEI MateBook 実機の感想と海外での評判など
HUAWEI MateBookが発売されました。 発売直前に家電量販店の店頭に展示されていたものを軽く触ってきましたのでその感想と、海外のPRっぽくない記事の紹介など。

さらに、Surface Pro 4とSurface Bookは昨年10月にアメリカで発売されてから9か月が経ち、後継モデルが期待される時期になっています。

これまでのSurface Proシリーズの発売時期を見ると、そろそろモデルチェンジの時期に差し掛かっていることがわかります。

モデル 発売日(アメリカ) 発売日(日本)
Surface Pro 2013年2月9日 2013年6月7日
Surface Pro 2 2013年10月22日 2013年10月25日
Surface Pro 3 2014年6月20日 2014年7月17日
Surface Pro 4 2015年10月26日 2015年11月12日

モデル間の間隔は約8か月から16か月なので、それに倣うならSurface Pro 5は2016年6月から2017年2月の間に発売されることになりますね。

次世代のSurface Proに搭載されることが期待されるIntelの第7世代Coreプロセッサー Kaby Lakeは2016年末までにリリースされるということなので、Surface Pro 5(仮称)の発売時期もその付近になることが予想できます。

CNET Japan 「インテル、第7世代プロセッサ「Kaby Lake」を2016年に投入へ」
http://japan.cnet.com/news/service/35083517/

そういえばこういう情報もありました。

PC Watch 「新Surfaceは年内に1機種、2017年に3機種が予定?」
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/yajiuma/1008497.html

新機種はアメリカで発表・発売されてから国内で買えるようになるまで数週間から数か月待たされるのが通例ですし、新機種が出れば高くてもそちらが欲しくなってしまいます。
Surfaceシリーズを狙っている方は、安く買えるいまのうちに現行モデルを買っておくのが良さそうな気がします。

以上、Surfaceの価格改定の話でした。

キャッシュバックや学生優待プログラムの詳細はマイクロソフトストアで。

リンク:マイクロソフトストア