【DisplayMate】Surface 3のディスプレイはタブレットとして最上級の評価

シェアする

Surface 3

ディスプレイ・キャリブレーション機器などのメーカーDisplayMate TechnologiesがSurface 3のディスプレイをタブレットとして最上級という評価を発表しています。

最上級とかすごい。


スポンサーリンク

DisplayMateの「Microsoft Surface 3 Display Technology Shoot-Out」

DisplayMateは主要な製品のディスプレイの性能を計測してレポートとして公表しています。

Apple Watchのディスプレイの評価もしていました。

Apple Watchのディスプレイはお手頃なSportがいちばん見やすい模様

今回発表されたレポートはこちらです。
DisplayMate 「Microsoft Surface 3 Display Technology Shoot-Out」
http://www.displaymate.com/Surface3_ShootOut_1.htm

レポートの要点をまとめると次のようになります。

  • Surface 3のディスプレイはモバイルプラットフォームのディスプレイにおいて最も優れており(色再現が)正確なもののひとつ

  • Surface 3のピクセル密度214ppiはiPad Air 2の264ppiに劣るが、通常想定される使用環境(16インチ以上離れた位置から見る場合)では個々のピクセルは認識できず、ClearTypeの効果と相まってほとんどのタブレットよりシャープに文字と画像を表示する

  • ディスプレイの明るさは最大395 cd/m^2で非常に良好. iPad Air 2の415 cd/m^2にやや劣り、Kindle Fire HDX 8.9の527 cd/m^2 にも劣っているが、屋外などの明るい環境光の下でなければ問題ないレベル

  • 画面の反射は6%. これは比較的良いタブレット(5~6.5%)の中の中央値付近. これまでの最高レベルはiPad Air 2の2.5%やiPad miniの2%. これらは画面に反射防止のコーティングがされている.

  • 角度による色の変化は極めて少なく色の違いを認識できないほどだが、明るさは正面から30度の角度で54%減少する. 角度による明るさの減少はすべての液晶ディスプレイの宿命.

  • ディスプレイの消費電力はよりサイズの小さいタブレットのものより小さい. たとえばiPad Air 2のディスプレイはSurface 3のものより76%多く電力を消費する. これはiPad Air 2のピクセル密度の高さやSurface 3のバックライトや光学系の効率の良さによるものと思われる.

  • 室内の環境光下においてSurface Pro 3やGalaxy Tab S 10.5と並んで色再現性が最も正確なタブレットのひとつ

  • 色域が典型的な室内の環境光である300ルクスの環境でより大きくなるよう最適化されており、実際の使用環境でのパフォーマンスに配慮されている


反射さえ何とかできれば最高のディスプレイなんじゃ

このようにSurface 3のディスプレイは非常に高く評価されていますが、実際に使ってみて気になる外光の反射はやはりiPad Air 2などに比べて多いようです。

これさえ何とかなれば最高のディスプレイになると思うのです。

グレアタイプで反射防止タイプの液晶保護シートがあればいいのですが。

これのSurface 3用があればいいのにな。安いし。

by カエレバ