【発売2ヶ月】MacBook Airをほぼタダで使う作戦が思い通りに進んでいない件

シェアする

MacBook Air

MacBook Air Early 2015モデルが発売されて2ヶ月が経ちました。

以前の記事に書いたMacBook Airをなるべく安く使う作戦の進捗状況をまとめます。

ままならない。


スポンサーリンク

MacBook Air(MJVM2J/A)の価格の推移

MacBook Air Early 2015モデルを安く買う作戦を立ててから約2ヶ月が経ちました。

2ヶ月前、1ヶ月前に書いた以下の記事の後、Apple Watchや新しいMacBookやSurface 3に浮気しつつMacBookの価格の推移を見守ってきました。

【2015年モデル発売】MacBook Airはタイミングを選べばタダ同然で使えるという話

【発売1ヶ月】MacBook Airをほぼタダで使う作戦の現在地

MacBook Air Early 2015の最廉価モデル(MJVM2J/A)の最安値は次のように推移しています。

MacBook Air May 2015

価格.com「MacBook Air 1600/11.6 MJVM2J/Aの価格推移グラフ」

4月13日に9万3,000円台まで下がってしめしめと思っていましたが、その後急激に値上がりし、今また値下がりしている途中です。

発売当初の価格からは約15%の値下がりに留まっています。おかしい。


以前の記事で予想していた値動きは

最初の記事では、2013年に発売されたMD712J/Aの価格を参考に、最初の1〜2ヶ月で約20%の値下がりを予想していました。

こんな感じです。

macbook old

ところが、MJVM2J/Aは2ヶ月経った今も発売当初から15%強しか下がっていません。

2週間くらい下がると大きな揺り戻しがあっての繰り返しで、思ったように下がらないのが残念無念です。


あと2ヶ月は粘れるはず

さて、発売2ヶ月では思い通りに値段が下がりませんでした。

最初の計画では発売16ヶ月後までは中古価格が比較的安定すると見ていましたので、新品を丸1年使って手放すとすると、発売4ヶ月以内、つまりあと2ヶ月以内に買えれば良いことになります。

引き続き経過を追いたいと思います。

【2015年モデル発売】MacBook Airはタイミングを選べばタダ同然で使えるという話