【注意】Surface Pro 4とSurface Bookのタッチパッドにはラグがあるらしい件とその回避方法

シェアする

SurfaceBook with Surface Pro 4

日本でもまもなく発売されるSurface Pro 4と、来年発売される予定のSurface Bookですが、先行して発売されているアメリカでは「タッチパッドの操作にラグがある」という報告が寄せられているようです。

症状とその回避方法について。


スポンサーリンク

Surface Pro 4とSurface Bookでタッチパッドを使ったスクロール操作にラグがあるらしい

Windows Centralの以下の記事によると、Surface Pro 4とSurface Bookで、Google ChromeやFirefoxで表示したページをタッチパッドを使ってスクロールしようとすると、0.5秒ほど反応が遅れるそうです。

Windows Central 「Here’s how to fix trackpad lag when scrolling on the Surface Book and Surface Pro 4」
http://www.windowscentral.com/how-fix-trackpad-lag-when-scrolling-surface-book

どうやら、タッチパッドのピンチイン・アウトの操作の認識に絡んで、スクロール操作の認識が遅くなっている模様です。


ピンチイン・アウトを無効にすると改善するらしい

Windows 10で高精度タッチパッドのピンチイン・アウトの操作を無効にするのは次のようにします。

スタートメニューで「設定」をクリック。
Start menu

設定画面で「デバイス」をクリック。
Settings

デバイス画面の左側で「マウスとタッチパッド」を選択し、右側で「タッチパッド」の「2本指のピンチ操作でズームする」をオフに変更。
Settings - Devices

手順は以上です。

「2本指のピンチ操作でズームする」をオフにすることで、ChromeやFirefoxでの操作に限らず、OS全般にわたってタッチパッドでのスクロール操作の反応が改善するとか。


フォーラムでは追加の回避策も

この現象に関するフォーラムには、上記の手順だけでは不十分で「2本指のタップを右クリックとして扱う」もオフにするともっと良くなるという情報も投稿されています。

また、元の現象はWindowsのインサイダー・プレビュー版でも再現するという意見と、インサイダ・プレビューでは直っているという意見の両方があります。

他の投稿で目についたのは次のようなものです。

  • Surface Pro 3とSurface Pro 4タイプカバーの組み合わせでも再現して、この手順で改善した。
  • 一度目はうまくいかなかったけど、もう一度設定し直したら改善した。
  • Chromeならこの方法とChromeのスムーススクロールを組み合わせれば完ぺき。
  • 自分のSurface Pro 4は特にラグとかないよ。
  • Surface Pro 4のタッチパッドは前のと比べればすごくよくなったけど、MacBookと比べたらまだまだだな。

一番盛り上がっているのがMacとの比較の話というのはアレですが、それはさておいて、複数のユーザーが新しいタッチパッドのラグ問題に遭遇し、その多くはこの方法で回避できているようです。

なお、ここで紹介された手順を行うと、タッチパッドでピンチイン・アウトの操作ができなくなります。
画面の縮小・拡大はタッチパネルのピンチイン・アウトでできますが、面倒ですね。

おそらくソフトウェアの問題ですので、早く改善されることを祈りたいと思います。