【受信料】民放の番組が無料ネット配信されるようになるとNHK受信料払わなくてよくなるんじゃないか

シェアする

昨日4月21日は民放の日ということで、先月民放連の井上会長が会見で言及した見逃し番組の無料ネット配信「広告付き無料配信トライアル」について思い出してみます。


スポンサーリンク

この記事の内容

  • 民放連が計画している番組の無料ネット配信「広告付き無料配信トライアル」について思い出します。

民放の「広告付き無料配信トライアル」

2015年10月から開始

2015年の10月からPC、タブレット、スマートフォン向けに配信を開始します。

将来はテレビ向けの配信もあるかもしれないとのこと。

在京キー局 5局でプライムタイムの番組中心

トライアルに参加するテレビ局は、日本テレビ、テレビ朝日、TBS、フジテレビ、テレビ東京の5局です。

プライムタイム(一般には午後7時から11時)の番組を中心に配信。

配信期間は1週間程度

配信期間は放送直後から次回の放送までの1週間程度とのことです。

トライアルでは見逃し対策としてスタートするということでしょう。

共通のポータルサイトから利用できる

現在も民放各社は独自に有料(一部番組は無料)の番組配信を行っていますが、「広告付き無料配信トライアル」では共通のポータルサイトから動画にアクセスできるようです。

CMはスキップできない

配信される番組ではCMをスキップできない仕組みになります。

無料なのでしかたないですね。

地域制限の有無はわからない

配信される番組を在京キー局の放送地域外でも見られるのかは不明です。

radicoのように他地域のものが見られないことになると、首都圏限定になってしまいますが、どうなるのでしょうか。


テレビ受信機はいらなくなるんじゃ

ニュースはネットで見られるから、テレビはプライムタイムのドラマやバラエティだけ見られれば良いという場合、このサービスがあればテレビ本体は不要になります。

そうするとNHKの受信料も払わなくて良くなるんじゃないでしょうか。「うちテレビありませんから。」

朗報。かもしれない。

もとの会見の内容は下記のリンク先にまとめられています。
日本民間放送連盟「井上会長会見」


まとめ

  • 民放連が計画している番組の無料ネット配信「広告付き無料配信トライアル」について思い出しました。
  • これでテレビを手放せばNHKの受信料を払わなくてもよくなるかも。

Photo by Johnny Micheletto