【基本】Windows 10で使える、高精度タッチパッド対応ジェスチャー操作のまとめ

シェアする

three finger swipe aside

Windows 10では高精度タッチパッドで使えるジェスチャー操作が増えました。

覚えておくとラップトップPCをマウスなしで使う場合の効率アップにとても役立ちます。


スポンサーリンク

Windows 10で使える高精度タッチパッド対応ジェスチャー操作のまとめ

ではさっそくまいります。

1本指タップ

何かを選択する操作です。
1 finger tap

マウスカーソルを選択したい対象に重ねて、タッチパッドを1本指でタップします。
1 finger tap operation

2本指タップ

右クリックと同じ効果を得るための操作です。
two finger tap

マウスカーソルを操作したい対象に重ねて、タッチパッドを2本指でタップします。
two finger tap operation

2本指スワイプ

画面をスクロールする操作です。
two finger swipe

マウスカーソルをスクロールしたいウィンドウの上に置いて、タッチパッドを2本指で上下または左右にスワイプします。
two finger swipe operation

ピンチイン・ピンチアウト

画面を縮小・拡大するための操作です。
pinch in / out

マウスカーソルを縮小・拡大したいものが表示されているウィンドウの上に置いて、タッチパッドの上で2本指をつまむまたは広げるように操作します。
pinch in / out operation

3本指スワイプ(奥<->手前)

ウィンドウをすべて最小化したり一覧表示するための操作です。次の3つの状態を遷移します。

一覧表示
three finger swipe up / down

通常表示
three finger swipe up / down

最小化
three finger swipe up / down

仮想デスクトップを使っている場合、一覧表示の状態では仮想デスクトップの一覧も表示されます。

タッチパッドを3本指で奥から手前、または手前から奥に向けてスワイプします。
three finger swipe up operation
three finger swipe down operation

3本指スワイプ(左<->右)

アクティブなウィンドウを切り替えるための操作です。
three finger swipe aside

タッチパッドを3本指で左右どちらかに向けてスワイプします。ウィンドウの一覧が表示されるので3本指のままカーソルを動かしてウィンドウを選択し、指を離すと、そのウィンドウがアクティブになります。
three finger swipe aside operation


ラップトップで文字入力するときにとても効果的

ラップトップPCで文字入力中心の作業をする場合、手をなるべくキーボードの上から動かさないことが速く正確に作業を進めるコツです。マウスを操作するために頻繁に手を移動させていると次第にリズムが崩れて集中が削がれてしまうので、ウィンドウの操作などはタッチパッドをうまく使ってやりたいところです。

Windows 10では高精度タッチパッドを搭載したラップトップでの操作性が高まっているので、これらの操作に慣れれば効率よく作業できるようになります。

とくに、3本指スワイプは複数のウィンドウを切り替えながら使うときには非常に強力ですので、一度試されてみてはいかがでしょうか?

以上、Windows 10で使える高精度タッチパッド対応ジェスチャー操作でした。


Icons made by Yannick from www.flaticon.com is licensed by CC BY 3.0