Macで東プレRealforceを使いつつEmacsライクにキー入力したい場合の設定

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 295
Realforce 91u

東プレRealforce(JIS配列)をMacで不足なく使うための設定についてです。

Keyhacとの共存も可能です。


スポンサーリンク

東プレRealforceは表向きWindows専用

静電容量無接点スイッチを採用した東プレのRealforce 91Uを使っています。

【満足度】東プレ REALFORCE91U を買った話
東プレの高級キーボード「REALFORCE91U」を買いました。 REALFORCEシリーズは静電容量無接点方式のセンサーを採用したPC用キーボードで、キーのセンスのために電極を使わないので機械的な構造がシンプルになっていて、そのおかげでキーを押し下げたときの荷重変化がなだらかで、とにかく快適に入力できます。 私が買ったのは小指で押すキーの荷重が小さくなっている変荷重タイプ。同じ静電容量無接点方式のHappy Hacking Keyboardとはまた違ったキータッチです。

RealforceシリーズのサポートOSは「Win7/Win8/Win8.1/Win10」とされていて、公式にはMacをサポートしていないことになっています。

ついこの間まではWindows 10で使っていたので何の心配もなかったのですが、最近MacBook Proをクラムシェルモードで使い始めたので、引き続きRealforceを使うべく設定したい、というのがこの記事の趣旨です。


キーの入れ替えは「Karabiner-Elements」で

まず、いくつかのキーに別の役割を割り当てるために「Karabiner-Elements」を使います。

やりたいことは次の4つです。

  • 「Caps Lock」キーに「Ctrl」を割り当て
    Caps LockがあることよりもCtrlが押しやすい位置にある方が大切

  • 「半角/全角」キーに「Esc」を割り当て
    日本語入力のオン・オフは後述の「変換」「無変換」に割り当てるので、「半角/全角」をつぶしてEscを押しやすく

  • 「変換」キーに「かな」を割り当て
    Mac用日本語キーボードの一番便利なところを逃したくない

  • 「無変換」キーに「英数」を割り当て
    (同上)

まず、Macのキーボードカスタマイズの定番ソフト「Karabiner-Elements」をダウンロードしてインストールします。

上のリンク先で「karabiner-elements-xxxxxx.dmg」というファイルをダウンロードできるので、ダウンロードしたら開きます。
Karabiner Elements - 1

中身のpkgファイルをダブルクリックして起動し、手順に従って操作するとインストールできます。特に難しいことはありません。

インストールができたら、メニューバーの四角いアイコンをクリックして「Preferences…」を選択します。
Karabiner Elements - 2

Karabiner-Elements Preferencesの画面で「Simple Modifications」を選び、「Add item」ボタンで項目を追加していきます。

「From key」が物理キーボード上のキーを、「To key」がその物理キーに対応する論理キーを表します。

追加済みの状態がこちら。
Karabiner Elements - 3

上から、「Caps Lockを左Controlに」「半角/全角をEscに」「無変換を英数に」「変換をかなに」それぞれ割り当てる設定です。

このように設定することで、最初に挙げた4項目の置き換えが完了しました。


keyhacとの共存も可能

以前の記事に書いたとおり、Mac上でEmacsライクなキー入力を行うために、Keyhac for Macを利用しています。

【試み】macOS SierraでEmacsライクなキー操作(のごく基本的な部分)を再現する
Mac OS用のキー操作変更ソフトとして長年愛用してきたKarabinerがSierraでは動かないということで、どうしたものかと困っていました。 個人的にはEmacsライクにカーソルの移動とコピペができれば文句はないので、Keyhac for Macを使って簡単な操作だけできるようにしました。

今回のKarabiner-ElementsとKeyhacが共存できるのかと少しだけ心配していましたが、Keyhacを導入した状態で上の設定をすることで、Realforce 91UでもMacのキーボード(MacBook本体のキーボードやApple Magic Keyboard)と同じように使えるようになりました。

というわけで、MacでRealforceのJIS配列版を使って、「英数」「かな」の恩恵を受けつつ、Emacsライクなキー入力も利用したいという方は、Keyhac for MacとKarabiner-Elementsの組み合わせがおすすめという話でした。