【雑談】シンガポールの算数問題もんだい

シェアする

9556078db211fa3d_640_singapore

GIZMODEさんに出ている『これ解ける? シンガポールの学校の算数問題。大人泣かせ』を読んでピンとこなかったので、出題の訳をほんの少しだけいじってみる。

出題の訳

シェリルと友だちになったアルバートとバーナード。「誕生日いつ?」って訊くと、シェリルは「次のうちのどれかだよ」と言いました。

5月15日、16日、19日
6月17日、18日
7月14日、16日
8月14日、15日、17日

で、アルバートには何月かだけ教え、バーナードには何日かだけ教えました。
後日のふたりの会話。

アルバート「誕生日わからないのボクだけかと思ったら、キミもわからないんだね」
バーナード「さっきまでわからなかったけど、今のでわかったよ」
アルバート「まじで。ボクも今のでわかった」

さて、シェリルの誕生日は何月何日でしょう?

GIZMODE「これ解ける? シンガポールの学校の算数問題。大人泣かせ」

太字のアルバートの最初の発言は下のようにしたほうが元の英語に対して正確だし、正しい答えにたどり着きやすいんじゃないでしょうか。

アルバート「ボクは誕生日わからないけど、キミがわからないってこともわかってるよ」

解答と解説と感想(ネタバレあり)

  • アルバートは誕生月しか教えてもらってない。どの月にも2つ以上候補日があるので誕生日はわかりようがない。そりゃそうだ。
  • でも、アルバートは日だけを教えてもらったバーナードにも誕生日がわからないと断言している。
  • ということは、アルバートが教わった誕生月は日だけでは誕生日がわからない月だということになる。
  • つまり、アルバートが教わった誕生月は5月でも6月でもないということ。なぜなら、もしバーナードが「19日」と教わっていたら5月19日、「18日」と教わっていたら6月18日とわかってしまって、バーナードに誕生日がわかってしまうから。

 → シェリルの誕生月は7月か8月

  • バーナードはアルバートが「キミがわからないってこともわかってる」と言ったのを聞いて誕生月は7月か8月だと気づき、「今ので(誕生日が)わかったよ」と言っている。
  • ということは、バーナードは「14日」とは教わっていないことになる。なぜなら、もしバーナードが「14日」と教わっていたらバーナードは7月か8月かを絞り込めず誕生日がわからないから。

 → シェリルの誕生日は14日以外

  • アルバートはバーナードが「今のでわかった」と言うのを聞いて「ボクも今のでわかった」と言っているので、アルバートが教わった誕生月は7月だとわかる。なぜなら、もし8月だとすると14日を除外してもまだ候補が二日(15日と17日)あって絞り込めないから。

 → シェリルの誕生月は7月

というわけで、正解は「7月」の中で「14日」ではない候補日、つまり7月16日です。

シンガポールの子どもたちはこんなの解いてるの?っていう驚きと、シェリルもアルバートもバーナードも頭キレすぎだろっていう驚きとで、朝からくらくらします。

シンガポールで乗った電車の中でお母さんが小さな娘にマンダリンと英語をシームレスに切り替えながら英字新聞を読み聞かせているのを見てこりゃスゴイわかなわんわと思ったのを思い出しました。

(追記)解説をもう少し丁寧に書きなおした記事もあります。よろしければこちらもどうぞ。

【アクセス御礼】シンガポールの算数問題をもう少し詳しく解説します