Sony Xperia XZ(SIMフリー版)がとっくに6万円を切っていた話

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 297
Sony Xperia XZ

SonyのXperiaシリーズはラインアップが難しすぎて、ついていくのが大変なのですが、ほんの少し前までフラッグシップとされていたはずのXperia XZがずいぶん安くなっています。

ついに6万円を切りました。


スポンサーリンク

Xperia XZのSIMフリーモデルがアンダー6万円

2月にスペインで行われたMWC 2017でXperia XZ Premiumが発表されたことでフラッグシップの座を追われることが確定したXperia XZですが、そのせいか海外SIMフリーモデルが安くなっています。

リンク:Sony Xperia XZ Dual F8332 5.2″(エクスパンシス)icon
リンク:Sony Xperia XZ Dual Sim F8332 64GB(イートレン)

どちらも販売価格は6万円を切っています。イートレンの方は(為替レート次第ですが)送料と輸入消費税を考慮した総額でも6万円を下回るレベルです。

国内のメジャーキャリアでの販売価格が8万円オーバーである点を考えると、ずいぶんと安く感じられます。


Xperia XZとXperia XZ Premiumの違い

では、今後発売になるXperia XZ Premiumと、今すぐ手に入るXperia XZの違いはどの程度のものでしょうか。

TechRadarにこんな比較記事が出ています。

TechRadar 「Sony Xperia XZ Premium vs Sony Xperia XZ」
http://www.techradar.com/news/sony-xperia-xz-premium-vs-sony-xperia-xz

まず、デザインの違いとして、Xperia XZ Premiumが背面にもガラスを採用している点が挙げられています。(Xperia XZ Premiumは背面にもCorning Gorilla Glass 5を採用)
ただし、ガラスなので指紋はつきやすいそうです。
全体的なデザインのテイストは同じで、Xperia XZ Premiumの方が若干薄いとのこと(7.9mm vs 8.1mm)。

次に、画面は5.2インチでFull HD解像度のXperia XZに対して、Xperia XZ Premiumは5.5インチの4Kパネルとなっており、鮮明さにおいて大きな差があるとされています。
Xperia XZ PremiumのディスプレイはHDRにも対応しています。

バッテリーはXperia XZの2,900mAhに対して、Xperia XZ Premiumは3,230mAh。ただし、サイズが大きく解像度も高いXZ Premiumのディスプレイを考慮すると、どちらが持ちが良いかは実機を使い込まないと判断できないようです。

カメラはXperia XZの2,300万画素に対して、Xperia XZ Premiumが1,900万画素と、画素数は後退しています。
代わりにXperia XZ Premiumには、撮影ボタンを押す直前からの予測撮影機能や、秒間960フレームのスーパースロー動画撮影機能などの新機能が搭載されています。

また、記事ではほとんど触れられていませんが、チップセットがSnapdragon 820からSnapdragon 835にアップグレードされている点も見逃せません。

こうした違いを考慮しつつ、安くなったSIMフリーモデルをゲットするかどうかを検討することになります。
それにしても、半年ごとにこのレベルのアップデートを繰り返しているXperiaのチームはすごいですね。くれぐれもお体には気を付けて頑張っていただきたいと思います。

以上、Xperia XZが安くなっている話でした。

リンク:Sony Xperia XZ Dual F8332 5.2″(エクスパンシス)icon
リンク:Sony Xperia XZ Dual Sim F8332 64GB(イートレン)