“はじめての「じぶん」パソコン” を買うくらいならSurfaceかiPad Proがいいんじゃないか

LIFEBOOK LH - 1 Apple

富士通クライアントコンピューティングから、国内初の子供向け14型ラップトップPC「LIFEBOOK LHシリーズ」が発表されました。

ハードウェアとしては1万9,800円くらいで買えそうなスペックですが、公式サイトや家電量販店の価格は8万円オーバー。これは苦戦必至です。


スポンサーリンク

はじめての「じぶん」パソコン LIFEBOOK LHシリーズの概要

今回発表されたのは、小学生が安心して利用できることを念頭に設計・開発されたラップトップPCで、主な仕様は次のとおりです。

LH55/C2
(2-in-1モデル)
LH35/C2
(ラップトップモデル)
OSWindows 10 Home 64bitWindows 10 Home 64bit
CPUIntel Celeron 3865UIntel Celeron 3865U
GPUIntel HG Graphics 610Intel HG Graphics 610
RAM4GB4GB
ストレージ約128GB約128GB
ディスプレイ14インチ、1366 x 768ピクセル
タッチ操作対応
14インチ、1366 x 768ピクセル
サイズ・重量338.0 x 247.0 x 24.7mm、約1.93g338.0 x 247.0 x 24.7mm、約1.75kg
その他タブレットモード対応
タッチ操作対応

CPUがCeleron、ストレージは128GB止まり、ディスプレイ解像度も低く、2018年に発売されるPCとしては最低レベルのスペックと言えます。子どもたちが大好きなMinecraftもまともに遊べるかどうか。

また、落下や衝撃への耐性を上げるためとはいえ、重さが1.75~1.93kgもあるので、小学生が毎日持ち歩くには重すぎるように見えます。学校に持っていくわけではないのでしょうか?

2020年からスタートする、小学校のプログラミング教育必修化を始めとした教育のICT化を見据えて、小学生用のはじめての「じぶん」専用パソコンとして開発されたそうですが、このスペックでは2年後に使い続けられるかどうかも怪しいです。

ちなみに、このモデルと同じCeleron 3865Uを採用したPCのGeekbenchスコアはおよそ2200/3500(シングルコア/マルチコア)といったところ。

Surface ProやSurface Laptopの最下位モデル(Core m3-7Y30モデル)がおよそ3000/5800近辺、iPad Pro(2017年)が4000/9400あたり、iPad(2018年)でも3000/5000くらいなので、これらのどれよりもかなり低い値です。

SurfaceとiPad ProはキーボードをセットにするとLIFEBOOKよりも少し高くなりますが、CPU以外のスペックが段違いに優れているので、コストパフォーマンスでは比較になりません。iPad(2018年)は言わずもがなです。

なお、FMVを買うと「FMV まなびナビ」というオンラインサービスを利用できますが、別途料金が発生する有償サービスなので、前記の実売価格には含まれません。


iPadやSurfaceの方がいいのでは?

IT機器の教育向けの活用例としては、Appleの取り組みは見逃せません。

「生意気で気に入らない」と一部で難癖をつけられていたiPad Proの女の子や…

みんなで宿題を片付ける新型iPadの少年少女の方が楽しそうだし、勉強も身になりそうです。

プログラミングだって、AppleのSwift Playgroundsから始めれば、無料で相当高度なことまでやれます。小学生でも読める解説書もすでに出ています。


iPadで学ぶ はじめてのプログラミング(Amazon)

また、どうしてもWindowsじゃなきゃ心配だという場合も、Surfaceシリーズのどれかを買った方がずっとマシじゃないでしょうか。

リンク:Surface Pro + Signature タイプ カバー同梱版(マイクロソフトストア)icon
リンク:Surface Laptop(マイクロソフトストア)icon

前述のとおり、コストパフォーマンスではiPadシリーズやSurfaceが「じぶん」パソコンを上回っています。また、これらには余計なAIアシスタントが入っていないので、変な癖がつかなくて良いというものです。

だいたい、プログラムコードを書かせようというのなら、ディスプレイの解像度は高いに越したことはありませんし、書いて→動かして→直してを繰り返すプログラミングの作業をスペックの低いPCでやらされるのはただの苦行です。

「小学生なんだからこの程度のスペックで十分だろ」と言わんばかりの侮りが、「じぶん」パソコンの運命を決めることになりそうな気がします。

LIFEBOOKから選ぶなら、断然持ち運びが苦にならないLIFEBOOK UHシリーズでしょう。

といったわけで、お子様に買い与えるのなら、SurfaceやiPadシリーズの方が良さそうだという話でした。

リンク:LIFEBOOK LHシリーズ(富士通 WEB MART)icon
リンク:LIFEBOOK UHシリーズ(富士通 WEB MART)icon


タイトルとURLをコピーしました