Surface一覧

【発見】Wi-Fi版のSurface 3をもっと簡単に個人輸入する方法

Surface 3が国内発表された直後から当サイトの個人輸入に関する記事をご覧になる方が増えています。人々のガッカリ感が伝わってきます。 Wi-Fi版を個人輸入したいという方のために、以前の記事よりも簡単にWi-Fi版Surface 3を個人輸入する方法をまとめました。 以前の記事はこちらです。

【懐古】Surface 3をお得に手に入れるために、Surface Pro 3発売後に行われたキャンペーンを振り返る

ちょっとしたことを知っているだけで、知らないでいるよりもずっとお得なことがあります。 Surface 3の国内発売がほぼ確実になりましたが、発売と同時に飛び付く層は別として、少し待ってでもなるべくお得に手に入れたいという方は多いでしょう。 この記事では、Surface Pro 3の発売後に行われたキャンペーンを振り返ることで、なるべくお得にSurface 3を手に入れる方法を考えます。

【危険】Surface 3にはWindows 10のPreview版をインストールしてはいけない

MicrosoftのサポートコミュニティのモデレーターBarb BowmanさんがSurfaceのサポートコミュニティにおいて「まだAtom x5/x7のWindows 10用のドライバーないからSurface 3にはWindows 10のプレビュー版をインストールするな」と言われています。 そして、「そんなこと言われてももう入れちゃったんだけど」という人が現れています。

【比較】実際のところSurface 3とSurface Pro 3(最廉価版)はどの程度違うのか

Surface 3の国内投入については「現在最適な形での投入を検討しており、改めてお知らせします」とされたまますでに1ヶ月半が経とうとしています。 自分が「改めて」と言って1ヶ月半も放置したら上司にぶっ飛ばされて二度と口聞いてもらえないだろうななどと思いながら今日もSurface 3の情報を集めております。 さて、以前の記事で「いっそのことSurface Pro 3の最廉価版でも良いんじゃないか」と書きましたので、Surface 3とSurface Pro 3の最廉価版の違いについて、気になるポイントに絞ってまとめてみました。 なお、「改めてお知らせします」のプレスリリースはこちらです。...

【悔しまぎれ】Surface 3の日本発売日がわかるまで純正アクセサリを調べて妄想をふくらませる

Surface 3とともにその純正アクセサリも発売されています。 アメリカばかりでなく「絶対日本のがいっぱい売れるだろ」と思われる国や地域のMicrosoft Storeでもオーダーが受け付けられていて、日本に住むものとしては悔しい限りですが、ここはグッとこらえて純正アクセサリの予習でもしたいと思います。

日本国内で誰よりも早くSurface 3を手に入れる方法

MicrosoftのSurface 3が発表されました。 従来のSurface、Surface 2(Proじゃない!)よりも薄く、軽くなって、しかもAtomプロセッサを搭載してWindows 8.1(RTじゃない!)が使えるSurface 3は、タブレットとしてもラップトップとしてもまともに使える便利なデバイスになる可能性を秘めていますが、日本での発売はアナウンスされていません。 この記事では、日本での発売時期が発表されていないMicrosoft Surface 3をアメリカからの個人輸入で手に入れる方法を紹介します。

【Windows10 迫る】Surface RT と Surface 2 RT はさっさと手放すべきか

マイクロソフトの新しいOS、Windows 10が2015年夏にリリースされると報じられています。 Windows Vista、7、8、8.1からは無料でアップグレードできるらしく大変ありがたいことですが、一方でWindows RTとRT 8.1はアップグレードされないということも聞こえています。 この記事では、いま手元にあるWindows RTデバイスをどうするべきかを、Windows RTの特長やマイクロソフトのサポート方針をもとに、用途・満足度別に考えてみます。

スポンサーリンク