【発売1ヶ月】MacBook Airをほぼタダで使う作戦の現在地

シェアする

MacBook Air

MacBook Air Early 2015モデルが発売されて1ヶ月が経ちました。

以前の記事に書いたMacBook Airをなるべく安く使う作戦の進捗状況をまとめます。


スポンサーリンク

この記事の内容

  • MacBook Air Early 2015モデル発売1か月後の節目に、以前下記の記事に書いたMacBook Airをほぼタダで使う作戦の進捗状況をまとめます。

【2015年モデル発売】MacBook Airはタイミングを選べばタダ同然で使えるという話


MacBook Air(MJVM2J/A)の価格の推移

MacBook Air Early 2015の最廉価モデル(MJVM2J/A)の最安値は次のように推移しています。

macbook price

価格.com「MacBook Air 1600/11.6 MJVM2J/Aの価格推移グラフ」

発売当初のほぼ定価(111,024円(税込))と変わらない状態から順調に値が下がり、約2週間で定価の約13%引きの96,768円まで進みましたが、その後一旦値上がりし、発売1ヶ月後の4月13日の最安値は95,464円となっています。


以前の記事で予想していた値動きは

以前の記事では、2013年に発売されたMD712J/Aの価格を参考に、最初の1〜2ヶ月で約20%の値下がりを予想していました。

macbook old

これに対して、今回のMJVM2J/Aは発売1ヶ月で14%弱しか値下がっていません。むむう。
MD712J/Aは発売から一直線で値下がりしたのに対して、MJVM2J/Aは一旦足踏みしたのが効いているのでしょうか。無念です。


引き続き経過を追います

また来月、発売2ヶ月後の価格を確認します。まだあきらめませんよ。

発売2ヶ月の間に定価から20%程度値段が下がれば、その後の値下がりが少なく、1年後に良い値段で手放せるという算段です。


まとめ

  • MacBook Air Early 2015モデルをタダ同然で使う作戦の進捗状況をまとめました。
  • 今のところ、予想したよりも値下がりのペースが遅そうです。
  • 引き続き、来月の価格も確認します。