【最大57%オフ】夢の翻訳機 POCKETALK(ポケトーク)がとても安い

POCKETALK - 1 周辺機器

海外にいるとどうしても英語や現地語が必要になる場面があります。また、国内にいても海外からのお客さまを相手にする仕事では外国語は必須です。

料理の注文のような指差しで済むものはともかく、盗難や紛失、飛行機の乗り遅れやバゲージロストといったトラブルの場面では、言葉がほとんど通じないのはさすがに厳しいです。

というわけで、夢の翻訳機「ポケトーク」が安くなっている話。


スポンサーリンク

ポケトークの旧モデルが最大57%オフ

安定の翻訳能力

ソースネクストiconから発売されている自動翻訳機「ポケトーク」。

POCKETALK - 1

私もイベントで試させてもらったことがありますが、口頭でのちょっとしたやり取りの精度がびっくりするほど高かったのが印象的でした。(日→英、英→日で試しました)

サイトに翻訳例が載っていますが、まったく問題なく通じるレベルの訳が出てきます。

POCKETALK - 3

買うなら100カ国以上をカバーする「専用グローバルSIM」とセットのモデルがおすすめ

ポケトークiconは音声認識や翻訳などパワーが必要な処理をクラウド上で行うことで、短時間で正確な翻訳が行えるようになっています。

POCKETALK - 2

このため、使用時にはいつもサーバとの通信が必要になるのですが、「専用グローバルSIM」がセットになったモデルを買えば、世界の100カ国以上でいつでも場所を選ばずに利用できます。

SIMがセットになっていないモデルもありますが、その場合はWi-Fiに接続できる場所でしか利用できないので、せっかくのポケトークが台無しです。買うなら絶対にSIMとセットになったものを選びましょう。
(国内でお店を経営されている方がWi-Fiのあるお店限定で使う場合などにはWi-Fiモデルを選ぶといいですね)

幅広い対応言語

対応言語は63言語。
英語、中国語、韓国語、スペイン語、フランス語、ドイツ語あたりは当然として、気軽に行けて人気のタイ(タイ語)やベトナム(ベトナム語)から、一度は行きたいハンガリー(ハンガリー語)、たぶん一生必要にならないソマリ語まで、普通の人が観光や仕事で必要になりそうな言語は網羅されています。

翻訳処理は日本語と対象言語との間で直接行われる場合(日本語↔対象言語)と、間に別の言語を挟む場合(日本語↔英語→対象言語)とがあるそうですが、後者の場合もとくに翻訳が遅いと感じる場面はありませんでした。このあたりはクラウド上のサーバーの処理能力によるところですが、十分なパワーがあるようです。

ポケトークが在庫限りの最大57%オフ

そんなポケトークの旧モデルが、標準価格から最大57%オフで販売されています。

リンク:ポケトーク(ソースネクスト)icon

グローバルSIM付きのものが1万2,800円。さらに、保証期間が3年に伸びて落下・水没まで保証してくれるワイド保証サービスをつけても1万5,780円。これで旅行の楽しみが増すのなら安いものです。

ポケトークには新モデル「ポケトークWicon」が登場していて、対象言語が74言語に増えていたり、タッチスクリーンで操作がしやすくなったりしていますが、翻訳そのものの仕組みは同じなので、ほとんどの方は旧モデルでも満足できるはずです。

リンク:ポケトーク(ソースネクスト)icon

休暇やお仕事で海外旅行へ行く予定があるけど言葉が不安な方、英語だけでなく現地語を使ってもっとコミュニケーションを楽しみたい方、外国からのお客さまを迎える商店の方など、外国語を利用する機会があるなら一台持っておいて損はないと思います。

リンク:ポケトーク(ソースネクスト)icon


タイトルとURLをコピーしました