【ahamo/povo/LINEMO】月額2,980円/2,480円プランのまとめと適した使い方

※ 当サイトはアフィリエイトプログラムを利用しており、記事等には [広告・PR] が含まれる場合があります。
※ 当サイトはアフィリエイトプログラムを利用しており、記事等には [広告・PR] が含まれる場合があります。
ahamo - 1au/ドコモ/ソフトバンク

ahamo、povo、LINEMO(旧SoftBank on LINE)の提供開始日がすべて明らかになりました。

このタイミングで3つのプランを比較しておきたいと思います。


スポンサーリンク

3プランの提供開始日はバラバラ

2月25日にpovoの提供開始日が発表され、3つの月額2,980円(2,480円)プランの提供開始日が出揃いました。

プラン提供開始日
ahamo2021年3月26日(金)
povo2021年3月23日(火)
LINEMO2021年3月17日(水)

曜日までバラバラ。意外です。

いずれのプランもスタートまで1ヶ月を切っています。そろそろどのプランにするか決めないといけませんね。


3プランの主な項目を比較

3つのプランは、通信容量が20GB/月で、国内通話(5分/回)無制限を含めると月の基本料が2,980円(税別)と横並びですが、その他のサービスの内容は微妙に異なっています。

主な項目を比較した表がこちらです。(料金はすべて税別)

ahamopovoLINEMO
サービス提供開始日2021/3/26(金)2021/3/23(火)2021/3/17(水)
容量20GB20GB20GB
基本料2,980円2,480円2,480円
国内通話オプション
(5分/回)
(基本プランに含む)500円500円
国内通話オプション
(無制限)
1,000円1,500円1,500円
データ使い放題
オプション
非対応200円/24時間非対応
5G対応対応対応予定
(2021年夏)
対応
国際ローミング対応※1対応予定
(時期未定)
対応※2
eSIM未定※3対応予定
(時期未定)
対応
キャリアメール非対応非対応非対応
その他LINEギガフリー
LINEスタンププレミアム無料※4

※1:[ahamoの国際ローミング]海外82の国と地域で20GB/月までの高速通信無料(ただし、15日を超えると速度制限あり)
※2:[LINEMOの国際ローミング]基本料無料。通信料は別途。新規契約後約4ヶ月は利用不可。
※3:[ahamoのeSIM対応]社長は意欲を示している
※4:[LINEMOのLINEスタンププレミアム無料]2021年夏から

同じ2,980円でもうまく差別化されているのがわかります。

具体的には次のようにまとめられます。

ahamoの強み:海外対応

ahamoは海外での利用に便利です。

月20GBまでの高速通信を利用できる82の国と地域には、北米、オセアニア、欧州、アジアの多くの国・地域だけでなく、エジプト、モロッコ、南アフリカ、レソトといったアフリカの国々まで含まれています。

一般的な観光旅行や短期の出張はじゅうぶんにカバーできる内容と言っていいでしょう。

povoの強み:データ使い放題オプション

povoには200円で24時間データ通信が使い放題になるオプションが用意されています。

瞬間的に多くのデータ通信を利用することがあらかじめわかっている場合には、このオプションを利用して、安価に大量の通信を行うことが可能です。

普段はスマホだけで利用しているけど、月に何日かだけPCと接続して(=テザリングで)大容量の通信をするような使い方に適しています。

出先でときどきPCを使うことがある方には便利です。

LINEMOの強み:LINEスタンププレミアム

LINEMOは発表当初からLINEとの連携が謳われていました。

LINEの通信の一部が通信量のカウント外になるの(LINEギガフリー)は、どの通信が対象になるかが複雑だし、容量的にもあまり旨味がありません。

しかし、追加で発表されたLINEスタンププレミアムが無料になるサービスには魅力を感じる方が多いでしょう。(開始は2021年夏から)

LINEMO - 1

LINEスタンプ(クリエイタースタンプ)が事実上使い放題になる(同時に保有できるのは5種類まで)のは、地味だけどありがたいサービスです。


プラン選びが大切

そんなわけで、まもなくサービスが始まる月額2,980円(2,480円)プランですが、これまで出ている情報を見ると、それぞれ適した使い方がありそうなことがわかります。

ざっとまとめると、国内での普段使いにはLINEMO、PCを使った大容量通信がときどき必要ならpovo、海外利用の機会があるならahamo、という感じでしょうか。

  • PCの通信には使わないし、当分海外にも行けないし、というならLINEMO
  • PCで通信する可能性があるならpovo
  • 海外旅行の多い方はコロナ明けを待ってahamo

こんな使い分けが考えられます。

これらのプランには初期費用も解約料も設定されていないので、乗り換えも比較的容易です。ライフステージや社会の状況に合わせて柔軟にサービスを選ぶのが良さそうです。

それぞれのサービスの先行エントリーはサービス開始前日までです。
エントリーして悪いことはありませんので、気になるサービスにはつばをつけておくのがいいと思います。

リンク:ahamo
リンク:povo
リンク:LINEMO
リンク:くりこしプラン(UQモバイル)
リンク:シンプルプラン(Y!mobile)
リンク:Rakuten UN-LIMIT V(楽天モバイル)


タイトルとURLをコピーしました