Apple Watchのステンレスケースモデルが1万9,800円

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 6
Apple Watch

初代Apple Watchのステンレスケースモデルが1万9,800円からというセール中。

同じものを持っている身からすると気持ちは複雑ですが、ウェアラブルに興味のある方はお試しで買ってみるといいと思います。たぶん損はしません。


スポンサーリンク

初代Apple Watchのステンレスモデルが1万9,800円

セールが行われているのはビックカメラのオンラインストアiconです。

リンク:Apple Watch 38mm ステンレススチールケースとブラックスポーツバンドicon

これが最安値ですが、42mmサイズのステンレスケースモデルも2万9,800円で手に入ります。バンドはレザーのものもあれば、PRODUCT REDのスポーツバンドのものもあります。下のリンクから探してみてください。

リンク:Apple Watch(ビックカメラ)icon

初代Apple Watchには上記のステンレスケースのものと、アルミニウムケースのもの(と、18金ケースのもの)がありますが、個人的にはステンレスのものが見た目も装着した感触も良いです。
アルミニウムのものは軽すぎて高級感を感じられないのと、リューズまわりの意匠があっさりしすぎていて物足りないです。


今さら初代を買っても大丈夫か?

私は初代Apple Watchを日々使っていますが、とくに大きな不満はありません。

現行モデルは防水仕様になり、プロセッサーが強化され、バッテリーライフが少し延びたとされていますが、初代でも防沫・耐水仕様なので日常生活で少し濡れる程度なら平気ですし、プロセッサーパワーが必要な処理はほとんどありませんし、バッテリーライフは大差ありません。

初代のバッテリーライフはおよそ2日間。のべつ幕なしに触っているとこんなには保ちませんが、必要なときに時間を確認して、メッセージが届いたらチェックして、ときどきSiri経由でタイマー機能を使う(料理してる時に便利)くらいの使い方で、夜はちゃんと寝ているなら、2日間は十分使えています。
(Pokemon GOとリンクすると1日も保たないのでおすすめしません)

現行モデルにはGPS機能が搭載されて、単体で運動時の移動経路を記録できるようになっていますが、外を走らないのであまり必要性を感じません。

この秋にリリースされる新しいOS(watch OS 4)でもサポートされると言われていますから、まだ当分は楽しめるはずです。

Apple Watchに興味はあるけれど4万円とか5万円は出せないよ、という方は今回のセールを活用されるといいと思います。

リンク:Apple Watch(ビックカメラ)icon