【1年間無料】楽天モバイルにさっそく申し込んでみた ~ 先行申込の注意点など

楽天モバイル - 0スマホ/Android

楽天モバイルのMNO(移動体通信事業者)としての料金プランが発表されました。

月額たったの2,980円。しかも先着300万名までは1年間無料です。

サービス開始は4月8日から。すでに先行申込は始まっています。

実際に申し込んでみたのでその注意点などについて。


スポンサーリンク

楽天モバイルの料金プラン

楽天モバイルの料金プランの特徴をかんたんにまとめると次のようになります。

  • 料金プランは月額2,980円(税別)のUN-LIMITプランのみ
    とてもわかりやすいワンプライスです。
    Rakuten Linkアプリ(後述)以外からの通話には別途通話料が発生します。
    また、ユニバーサルサービス料(月額2~3円程度)も別途必要になるはず。

  • 楽天の自社回線エリアではデータ通信容量無制限
    楽天の自社回線エリア(2020年3月時点では東京、大阪、名古屋、京都、神戸 の一部)ではデータ通信が使い放題になります。
    楽天モバイル - 1

  • 自社回線エリア外(海外66の国と地域含む)ではデータ通信2GBまで
    一方、自社回線エリア以外ではauのネットワークを利用でき、その容量は毎月2GBに制限されます。
    2GBを超えても128Kbpsの低速通信は可能。また、1GBあたり500円の追加料金を払えば、2GBを超えて高速通信を使うことも可能です。
    海外でも2GBまで使えるのは短期の旅行ではめちゃくちゃ便利です!

  • 国内向け通話はどこでも通話無料(海外66の国と地域からの発信を含む)
    Rakuten Linkという通話・SMS用アプリから発信するという条件付きで、国内向けの通話が無料になります。国内から国内への通話だけでなく、海外(66の国と地域)から国内への通話も対象です。
    また、Rakuten Linkを使った海外向けの通話も、月額980円(税別)の追加料金を支払うことでかけ放題になります。
    それと、Rakuten Linkアプリ経由ならSMSが国内・海外とも無料になります。
    なお、スマホの標準の通話アプリから国内に掛けた場合は、30秒あたり20円(税別)の通話料金が掛かります。標準通話アプリから海外に掛けた場合の料金の詳細は不明です。

  • SIMロックなし、最低利用期間なし、契約解除料なし
    楽天モバイルで販売されるスマホ端末にはSIMロックが掛かっていません!
    また、UN-LIMITプランには最低利用期間はなく、したがって契約解除料もないので、やめたいときにいつでもやめられるということです。

楽天の自社エリア内に住んでいて、勤め先や学校と通勤・通学経路がまるごと楽天エリア内という方にとっては、かなり魅力的な料金プランではないでしょうか?

通話とSMSを無料にするためには専用アプリを使わなければならないのが面倒そうですが、それさえ我慢できれば検討の価値はあると思います。


先着300万名は1年分のプラン料金が無料に

上記の料金プランは2020年3月3日に発表され、即日先行申込の受付が始まりました。
が、申し込みが殺到したらしく、初日の夜まで楽天モバイルのサイトに全く接続できない状態が続きました。

昨年から実施されている「無料サポータープログラム」での評判はそれほど芳しくないのに、なぜそんなに申し込みが殺到するのか?

その理由はおそらく、先着300万名は1年分のプラン料金が無料になるという大盤振る舞いがされているからです。

楽天モバイル - 2

300万名というと相当な数ですが、1年のあいだほとんどタダで使えるというのなら、とりあえず申し込んじゃおうという人ですぐに埋まってしまう可能性もありますね。

なお、プラン料金が無料になるのは、一人につき1回線・1度のみです。

また、無料サポータープログラムでの検証によると、楽天モバイルが対応を謳っている端末以外ではフル機能を利用できない可能性が高そうなので、端末を別途用意する費用が必要になりそうな点には注意です。↓

リンク:iPhoneでも使える? 楽天MNO回線のSIMを、いろいろなスマホに挿してみた(Itmedia Mobile)

2020年3月時点の対応機種はこちらになります。

楽天モバイル - 3

この中ならOppoの2機種を試してみたいです。


先行申込は新規のみ対象なことに注意

というわけで、300万人から漏れないように私も早速先行申し込みをしました。

楽天モバイル - 4

とりあえず今のところは、楽天からいつもの注文確認メールが届いただけですが、おそらく4月8日のサービス開始に間に合うように連絡が来て、本人確認や支払い方法の設定などをすることになるのでしょう。

先行申込は新規のみ可能で、既存の番号からのMNPはできません。

普段使いの回線をいきなり楽天モバイルに変えるのは冒険しすぎだと思うので、新規のみでも特に困ることはないでしょう。

不具合を覚悟の上で1年間無料でじっくり使い込み、1年後にちゃんと使える状態になっていれば主回線を楽天にMNPするし、ダメなら端末を処分してオサラバという長期計画で臨むのが良かろうと思います。

事務手数料3,300円分は後日全額ポイント還元され、さらに、オンラインで申し込んだ場合は3,000ポイントもらえる(2020年6月中までに申し込んだ場合)ということで、かなりお得な話になっています。

興味のある方は試してみられると楽しいと思います。

リンク:Rakuten UN-LIMIT(楽天モバイルSIM)


関連記事
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スマホ/Android
キリツメをフォローする
kiritsume.com
タイトルとURLをコピーしました