マスク装着時のFace ID対応で便利になった iOS 15.4〜うまくいかない場合も

※ 当サイトはアフィリエイトプログラムを利用しており、記事等には [広告・PR] が含まれる場合があります。
※ 当サイトはアフィリエイトプログラムを利用しており、記事等には [広告・PR] が含まれる場合があります。
iOS 15.4 マスクでFace ID - 0 Apple

iOS 15.4の目玉機能はなんと言ってもマスクをしていてもFace IDができるようになることです。

実際に使ってみました。


スポンサーリンク

iOS 15.4の「マスクあり」でのFace ID

マスクを装着していてもFace IDを使えるのはiPhone 12以降のFace ID対応モデルです。

iOS 15.4 マスクでFace ID - 1

さっそく手元の対応端末をiOS 15.4にアップデートすると、マスク装着時のFace IDを利用するかどうかを聞かれます。

利用すると答えると再度顔情報のスキャンが行われます。(例のスマホに向かって顔をぐるっと一回転させるやつです)

メガネの種類ごとにスキャンが必要

従来のスキャンと異なるのは、メガネの有無で別々にスキャンする必要があること。複数種類のメガネを使い分ける場合は、種類ごとにスキャンが必要です。

目の周りの情報だけで認証をする関係で、より精密なスキャンが求められるようです。

室内での認証速度はこれまでと大差なし

スキャン終了後はマスクをしたままでもFace IDを利用できるようになります。

まずは屋内で試してみましたが、従来の認証速度とも、マスクなし状態での認証速度とも、とくに違いは感じられません。快適です。

屋外では認証できないことも

次に屋外でも試してみましたが、こちらは条件によっては認証がうまくいかない場合があります。

具体的には、顔に太陽光が直接当たっている場合には高確率で認証に失敗します。

メガネをかけていたので、太陽光がレンズに反射して目の周辺のスキャンが正しく行えないようなことがあるのかもしれません。

このような場合は少し横を向く(太陽光から顔をそらす)ことで正常に認証されるようになります。


Apple Watchがいらなくなるほど快適

マスク装着状態でFace IDが使えないことで困っていたのは…

  • 外出時のロック解除が面倒
    Apple Watchをしていれば自動で解除してくれますが、そうでなければ毎回パスコードを打ち込む必要がありました。

  • 支払いがものすごく面倒
    コンビニのレジなどでiPhoneのApple Payを使いたい場合や、利用時に認証が必要なQR決済を使いたい場合、パスコードの入力等が必要で面倒でした。
    生体認証を有効にしたQR決済では、マスクをずらして認証するしかない場合もあり、もう面倒を通り越して「なんでこんなことをしているのか」と疑問を抱くほどでした。

これらが今回のアップデートでまるごと解決されるので、外出時も無理にApple Watchを利用する必要がなくなりました。

これで我が家ではApple Watchがエクササイズと睡眠計測の専用デバイスになりそうです。

そんなわけなので、iPhone 12以降のFace ID対応iPhoneをお持ちの方は早めにiOS 15.4にアップデートされるといいと思います。

なお、ソニーのwena 3をお使いの方だけは少しアップデートを待つのがよさそうです。


タイトルとURLをコピーしました