Macでディスプレイ設定アイコンを常にメニューバーに表示する方法

※ 当サイトはアフィリエイトプログラムを利用しており、記事等には [広告・PR] が含まれる場合があります。
※ 当サイトはアフィリエイトプログラムを利用しており、記事等には [広告・PR] が含まれる場合があります。
Macのディスプレイ設定をメニューに表示 - 3 Apple

MacBook Air(M1)にiPad Pro 11(2018)をSidecarで組み合わせて快適に作業していますが、ときどきSidecarの接続が切れて復旧がめんどくさい。

Macのメニューにディスプレイ設定アイコンを常に表示させて、簡単に復旧できるようにします。


スポンサーリンク

Sidecarの復旧が面倒なのでディスプレイ設定にすぐにアクセスできるようにする

iPadをMacのサブディスプレイとして使えるSidecarはたいへんたいへん便利です。

Apple Sidecar 2021 -1

ふつう、Macを使っている間はiPadは使えないので高価なiPadを遊ばせることになってしまいもったいないのですが、Sidecarなら無駄なく使うことができます。

ところが最近、Sidecarの接続が切れることが多いような気がします。

とくにMacのディスプレイが省電力設定でオフになったりすると、復旧後にSidecarが切れているような現象が気になります。

システム環境設定のSidecarの設定を開いてディスプレイを追加し直せばいいのですが、操作が何ステップもあって面倒です。いちいちウィンドウを開かなければならないのもわずらわしい。(開いたウィンドウは閉じないといけないから)

そんなとき、ディスプレイ設定にダイレクトにアクセスできるアイコンをメニューに表示させておけばたいへん便利です。

Macのメニューにディスプレイ設定のアイコンを表示させる手順

ではまいります。

まず、システム環境設定画面を開き、「Dockとメニューバー」を選びます。

Macのディスプレイ設定をメニューに表示 - 1

次に「Dockとメニューバー」の設定画面の左ペインで「ディスプレイ」を選び、右側で「メニューバーに表示」にチェックを入れればOKです。その下の項目は「常に」にしておきましょう。

Macのディスプレイ設定をメニューに表示 - 2

これでメニューバーからいつもディスプレイ設定にアクセスできるようになります。

Macのディスプレイ設定をメニューに表示 - 3

これでSidecarが途切れたときのストレスも半減です。

ぜひお試しください。


関連記事
スポンサーリンク
スポンサーリンク
AppleMac
キリツメをフォローする
タイトルとURLをコピーしました