iPhone Xの開封・レビュー動画集

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 12
Apple iPhone X / Apple Watch Series 3 / AirPods

各種のメディアや有名なレビュアーさんのもとにiPhone Xの実機が出回っているらしく、開封やらレビューやらの動画がたくさん投稿されています。

参考になる情報もあります。


スポンサーリンク

iPhone Xの開封とレビューの動画集

まずはiJustineさん。いつもは巨大な包丁で開封される方ですが、今回はすでに開封済みだったようで、するっと箱を開けています。

内容は開封の模様、ホームボタンがなくなったUIの説明、Face IDの設定、Animojiのデモ、iPhone 8 Plusと比べた小ささ(iPhone 8とほとんど同じ大きさ)など。
半日使った感想として、期待を大きく上回る完成度だとされています。

次にMarques Brownleeさん。

開封とFace IDの設定、基本的なスペックのおさらい、アプリは縦長画面に未対応なものがあることの紹介、ホームボタンなしのUIの説明など。Face IDの説明には時間を割いていて、画面を見ていない場合や目を閉じている場合には作動しないことにも触れられています。
また、フロントカメラの性能をGoogle Pixel 2と比較する場面もあって参考になります。

The Vergeの動画は開封はすっ飛ばしてレビュー中心です。

まず画面の切り欠きについて、YouTubeの動画を全画面表示したときに切り欠きを避けて表示するため、表示サイズが小さくなってしまうことが紹介されています。また、一部の最適化されていないアプリでは表示が不自然に欠けたり、上下に黒い帯が出たりするようです。複数レイヤーのアプリでレイヤー間の仕切り線がステータスバー上にも表示される不具合も。こうした問題の解決にはアプリ側の対応が必要ですが、iPhone 6のときには対応に何年も掛かったと言われています。

画面サイズについてはiPhone 8とiPhone 8 Plusの中間という印象。横置きではSafariのタブが表示されず(iPhone 8 Plusなら表示される)、キーボードのサイズはiPhone 8と同じ。iPhone 8よりも大きくはあるけど、iPhone 8 Plusほどではないということです。

有機ELディスプレイは「すごい」。製造はSamsungだけど、設計はAppleによるもので、ペンタイル配列の問題を回避するための工夫がいろいろ施されているのだとか。発色はPixel 2よりも鮮やかでありながら、Galaxy S8のように派手すぎない、LCD版のiPhoneをずっと明るくした感じだそうです。

リアカメラは広角側と望遠側の両方が光学手振れ補正に対応しているのがiPhone 8 Plusとの大きな違いで、とくに動画撮影時に効果が期待できそうです。(iPhone 8 Plusは広角側のみ対応)
静止画の画質はiPhone 8 Plus相当で、Pixel 2やGalaxy S8と近いレベル。フロントカメラはセルフィーのポートレイトモードにも対応していて楽しいし、Animojiも使えます。

Face IDはおおむねどこでも問題なく動作するが、好天の屋外や蛍光灯が多く使われている場所ではうまく認識されない場合があるそうです。

最後にスペースグレイモデルの動画を。
上に紹介したものはどれもシルバーモデルの動画でしたが、スペースグレイのものを見つけました。スペイン語なので何を言っているか全くわかりませんが、スペースグレイ版の外観をたっぷり見られる貴重な動画です。

気になっていたサイドの仕上げですが、この動画ではApple Watchのステンレスモデルの黒に近いように見えます。Apple Watchと同じ仕上げだとすると傷への耐性が高いことが期待できますね。

以上、iPhone Xの開封・レビュー動画の紹介でした。

リンク:iPhone X(Apple)
リンク:iPhone X(ドコモ)
リンク:iPhone X(au)
リンク:iPhone X(ソフトバンク)