iPhone XR と Smart Battery Case を買ってよかったこと

Apple iPhone XR - 1 Apple

やっとiPhone XRを手にすることができました。

買ってよかったと思うことをまとめます。


スポンサーリンク

iPhone XRの良いところ

こちらが今回購入したiPhone XRです。

iPhone XR - 1

純正のSmart Battery Caseをセットしてあります。

iPhone XR用 Smart Battery Case ブラック(ビックカメラ)icon
iPhone XR用 Smart Battery Case ホワイト(ビックカメラ)icon

この構成では、これまで使っていたiPhone 8 + 純正シリコンケースと比べてこれくらいのサイズ差があり…

iPhone XR - 2

重さに至っては132gも重くなっています。iPhone 8が168gだったので8割増しということです。

このように大きく・重くなることは事前にわかっていたのですが、それでも購入に踏み切ったのにはわけがあります。

iPhone XR(+Smart Battery Case)の良いところ

自転車に乗っているときにiPhone 8を落として人生初の画面割れを経験したことをきっかけに、Apple純正のシリコンケースを導入したところ、その快適さに手放せなくなってしまいました。

iPhone XR - 3

iPhone本体をほぼ全方位から保護してくれるので多少雑な扱いをしても壊す心配がなくなり、ほどよいグリップ感で片手操作が快適になります。

せっかくの背面ガラスの美しさを堪能できなくなってしまいますが、そのデメリットを上回る利便性を手に入れられます。

操作性を犠牲にせずに高性能・大画面を手に入れられる

一方のiPhone XRですが、こちらには純正シリコンケースが用意されておらず、他社のケースで済ませるか、頑張ってiPhone XSやXS Maxを手に入れるか(XS/XS Maxにはシリコンケースがあります)、何も買わずに見送るかと悩ましい日々を送っていました。

そんなある日、唐突にSmart Battery Caseが登場したわけです。かつてのモデルよりもバッテリー部分の飛び出しが目立ちにくい形状になりました。

iPhone XR - 4

ケース部分は純正シリコンケースと同じ素材で、防御力とグリップ感も同じです。
というか、防御に関してはLightningポート周辺もすっぽりカバーされるので、シリコンケースよりもすぐれています。

iPhone XR - 5

先に書いたとおり、サイズと重さはかなり増えましたが、ケースのグリップ感のおかげで片手操作でも不安がありません。仮に落としてもケースでカバーされているという安心感もあります。

というわけで、iPhone XRへの買い替えで、操作性を犠牲にせずにより高性能で画面の大きな機種に乗り換えられた、というのが最初のメリットです。

乾燥する季節でも自在にロック解除できる

東京では乾燥注意報が出っぱなしの日々が続いています。指先はすっかりカサカサで、iPhone 8(やMacBook Pro)の指紋認証の認識率が著しく下がっています。

とくに屋外ではパスコードを入力しなければならない頻度が非常に高く、端的に不便です。

その点、iPhone XRのFaceIDなら、いくら乾燥しようとも認証に失敗することはありません。

(ただし、マスクをしていると認証できないという問題はあります)

画面が大きい

iPhone XRの画面サイズは6.1インチ。アスペクト比は19.5:9とかなりの縦長です。

iPhone 8は4.7インチの16:9なので、買い替えによってずいぶん縦に伸びたことがわかります。

で、この変化がどう影響するかというと、縦方向に長いウェブサイトを見るときなどに、一画面に表示される情報量が多くなります。(あたりまえですが)

iPhone XR - 6

この画面のようなニュースサイトを見るときに、上から順にすべての記事を細かく読むことはあまりなく、一覧表示から気になる記事を見つけて拾い読みすることが多いので、そうした記事を探しやすい縦長のディスプレイは非常に便利です。

バッテリーがいつまでたってもなくならない

iPhone XRは単体でもバッテリーが長持ちすると言われているのですが、これにSmart Battery Caseを取り付けたことで、感覚的には「いつまでもなくならない」バッテリーライフを実現しています。

通常、スマートフォンは夜寝ている間に充電をして、朝出かけるときには残量100%でスタートして、その後は使用状況に応じてPCやモバイルバッテリーで補給したりしなかったりしつつ、夕方には残量が残り少なくなる、という運用だと思います。

しかし、iPhone XRにSmart Battery Caseを取り付けると、ただでさえ長いバッテリーライフが2倍近くまで伸びるため、充電のタイミングが自由になります。

たとえば、ベッドの中でiPhoneを使っていてそのまま寝てしまってもバッテリーはたっぷり残っているので、朝になって慌てることがありません。オフィスや学校まで行ってから充電するのでもじゅうぶん間に合います。

こういう使い方ができるので、ベッドではスマホを使わずに別途タブレットを用意するなどの対策が不要になり、お財布にもやさしいです。

我が家でも、そろそろスペック的に厳しくなってきたiPad mini Retinaを買い換える必要がなくなりそうで、モノを減らして出費も抑えられると良いことずくめです。

というわけで、iPhone XRとSmart Battery Caseの組み合わせはなかなか悪くないですよ、という話でした。

iPhone XRは各所でしだいにお求めやすくなっているようですので、気になった方は一台いかがでしょうか?

リンク:iPhone(Apple)
リンク:iPhone(NTTドコモ)
リンク:iPhone(ソフトバンク)
リンク:auオンラインショップ


タイトルとURLをコピーしました