Logicool MX Keys Mini 爆誕だが 〜 for Macモデルのゆくえ

※ 当サイトはアフィリエイトプログラムを利用しており、記事等には [広告・PR] が含まれる場合があります。
※ 当サイトはアフィリエイトプログラムを利用しており、記事等には [広告・PR] が含まれる場合があります。
MX Keys Mini - 2 周辺機器

LogitechからMX Keys Miniという小型キーボードが登場した話を紹介しましたが、その国内モデルが登場しました。

しかし、「for Mac」はどこへ行ったのか?


スポンサーリンク

LogicoolがMX Keys Miniを国内投入

MX Keys MiniはLogicoolから発売されたテンキーレスのナイスなキーボードです。

※動画は先に海外で発売されたLogitechのものです

テンキーレスで場所を取らず、右手でマウスを操作するときにも腕を遠くへ伸ばす必要がありません。

機能と打鍵感はMX Keysをほぼ踏襲しており、非メカニカル/非静電容量キーボードとしてはかなり期待できる1台になっています。

動画にあるとおりカラバリも豊富で、組み合わせる他の機器とのコーディネートも楽しそうです。

私が今メインで使っているキーボードはLenovoのThinkPad TrackPoint Keyboard IIというものですが、甲乙つけがたいライバル登場の予感がします。

このMX Keys Miniの日本国内版がLogicoolから発売されました。


「for Mac」はどこへ行ったのか?

ナイスなキーボードが国内で発売されるのはたいへん結構なことですが、ひとつ気になることがあります。

それは、先行する海外版にはあった「for Mac」モデルが国内ではラインナップされていないことです。

「for Mac」はデザインや無線通信をMacとの組み合わせに最適化したという触れ込みですが、実質的には通常モデルとほぼ同じものだと思われます。

じっさい、通常モデルをMacで使うこともできますし、for MacモデルをWindowsで使うこともできます。

ではなぜfor Macモデルが気になるかというと、テンキー付きのMX KeysのMacモデルはキー配列がUS配列のモデルとして発売されたからです。

Logitechのキーボードは国内版にローカライズされるときに日本語配列化されるものが多く、無印のMX Keysもそうだったのですが、for Macモデルだけは英語配列をキープして発売されました。

私は多言語入力や海外での入手のしやすさを考えて2年ほど前に英語キーボード派に転向したのですが、これが国内でキーボードやラップトップを手に入れる障害になっています。

MX Keys Mini for Macモデルはそんな私にとっての救世主になるはずでしたが、少なくともこの記事を書いている時点では国内に投入されていません。

Logicool様はどうかMX Keys Mini for Macを英語配列モデルとしてラインナップしていただきたいと切に願うばかりです。


タイトルとURLをコピーしました