いよいよ発表されそうなiPad Proに関する最新の噂とFace IDの使い勝手について

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 24
iPad Pro 2017 - 1

そろそろ新しいiPad Proが発表されると言われていますが(2回目)、現在噂されている仕様などについてまとめつつ、Face IDに対応した場合の使い勝手について思いを馳せたいと思います。


iPad Pro 2018年モデルで噂されていること

サイズは10.5インチに近い

画面サイズは「10.5インチに近いサイズ」のように表現されています。

本体サイズを維持したまま、後述のFace ID採用によりホームボタンを廃止することで生まれたスペースを、スクリーンサイズ拡大に充てるということでしょうか。

Bloombergのこちらの記事では12.9インチの後継モデルについて言及がないのが気にかかります。

Apple Pencilのアップデート

Apple Pencilが新しくなり、これまでのようにペアリングのためにLightningポートに接続する必要がなくなると言われています。

ペアリングはAirPodsのように、Apple Pencil(新)をサポートするデバイスが近くにあると半自動的に行われるようになるとか。

打ち合わせなどをしていて、他の人のiPadに自分のApple Pencilで書き込みできると便利な場面があるかもしれません。

USB Type-Cをサポートする

これまでのLightningポートの代わりに、USB-Cポートを搭載すると言われています。

これは前出のApple Pencilのペアリング方法の変更とも符合する話ですね。

なお、USB-Cポートから外部ディスプレイに4K動画を出力することができるという話もあります。

さらに、同梱されるACアダプターが18ワット出力のUSB Type-C接続のものになり、これによって充電が従来よりずっと早くなると言われています。

Face IDに対応する

これは以前から言われていたことですが、ホームボタンとTouch ID(指紋センサー)を廃止して、iPhone Xシリーズのように顔認証(Face ID)に対応するという話。

ただし、キーボードを取り付けて横向きにして使うこともあるiPad Proでは、横向きでも顔認証してくれるそうです。

ヘッドセットジャックがなくなる

とうとうiPad Proからも3.5mmヘッドセットジャックがなくなるという話があります。

これはライトな動画編集や音楽制作用途には結構痛い変更ではないでしょうか。

USB-Cで音声を取りつつ給電もできるアダプターみたいなものがあるのかな?


Face IDによるロック解除は便利になるのか?

さて、個人的に最も気になるのは、ホームボタンがなくなってFace IDでロックを解除するようになる(と言われている)ことです。

Windows 10のWindows HelloはデスクトップPCにも導入したほど気に入っているので、顔認証の便利さは理解しているつもりなのですが、iPhoneはFace IDよりもTouch IDの方が使いやすいと感じているのもまた事実で、iPad ProのFace IDがどうなるのかがとても気になります。

現行のiPad Proでは、ホームボタンを押すとスリープ解除とロック解除がほぼ同時に行われて、そのまま作業に入れるのが便利です。

これがFace IDになると、スリープボタンか(Smart Keyboardを取り付けているときは)任意のキーをタイプするとスリープが解除され、その後Face IDが作動してロックが解除されるという動きになるはず。

iPhone Xシリーズの認識速度の様子から、Touch IDよりは少し遅くなりそうな気がしますが、反面、適当なキーを押すだけでロック解除できるようになるのは便利そうでもあります。

また、前出の噂のとおりなら、横方向でもちゃんと認識してくれるはずなので、Windows Helloと同程度の使いやすさが保たれるのではないかと期待できます。

その他の項目では、Apple Pencilが新しくなるのに伴って、バッテリー持続時間がもう少し長くなれば便利だろうと思います。現行のものは、いざ使おうとしたらバッテリー切れという事態がわりと発生しがちなように感じるので。

以上、いよいよ本当に発表されそうな、新しいiPad Proについてでした。楽しみです。

リンク:iPad Pro(ビックカメラ)icon